« 2010Jリーグ 第1節 | トップページ | チキンオムライス »

遠征ごはん(茨城編)

3月6日(土)

Scimg0816
鹿島遠征時の食事です。(画像は鹿島神宮)

蛇の目寿司』 (茨城県水戸市)

◆あんこう鍋◆
Scimg0808 Scimg0812
今シーズンは『高はし』では入荷がなかったので代わりとといっては何ですがコチラでいただきました。
『高はし』のはアンコウの肝を溶いた「ドブ汁風」、コチラは味噌仕立ての完全な「鍋」。ほとんど別物ですね。どちらも甲乙つけがたいです。

◆あんこう共酢◆
Scimg0795
アンコウの肝をといた酢味噌ダレでいただきます。

◆あんこう寿司◆
Scimg0789
左から肝、身、皮の握り。お寿司屋さんですからね。生のアンコウの身の部分は白身魚のような感じでした。

◆鹿島灘はまぐり焼き◆
Scimg0799
鹿島灘で有名なものといえばハマグリ。結構な大きさのが2つ。焼いて醤油をチョットたらしたこのシンプルな食べ方がやはり一番です。

最後に。食後、営業中にもかかわらずわざわざ最寄駅まで車で送っていただきました。助かりました。

 

一休(ひとやすみ)』 (茨城県鹿嶋市)

◆湧水せいろ◆
Scimg0819
茨城県の「常陸秋そば」。
コチラは宮内にある休憩処なのでその神聖な湧水を使ってそばを打ってるらしいです。そばは二八。休憩処といっても本格的でした。

|

« 2010Jリーグ 第1節 | トップページ | チキンオムライス »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(茨城編):

« 2010Jリーグ 第1節 | トップページ | チキンオムライス »