« 遠征ごはん(静岡編) | トップページ | 大目ますの塩焼き »

遠征ごはん(静岡編)

4月29日(木)~5月1日(土)

Scimg1816
画像は久能山東照宮。
表参道の石段は面倒なので日本平からロープウェィを使いました。

『居酒屋 賤機はん兵衛 南町本店』 (静岡市駿河区)

◆静岡割り◆
Scimg1821
静岡割り=焼酎の緑茶割りのこと。お通しはナスの煮びたし。

◆静岡おでん◆
Scimg1827
静岡B級グルメの代表格、静岡おでん。
大根・美黄卵・糸こんにゃく・こんにゃく・ごぼう巻き・ちくわ・牛すじ・黒はんぺん・じゃがいも・厚揚げ…。
どれを選んでいいのか分からなかったので10種類全部注文。
見た目より辛くない、というか丁度いい味付け。どれもしっかり染みててるし。
個人的にはS級クラスのグルメです。
Scimg1824
静岡おでんといったらこの「だし粉」。これをふりかけて食べるのが特徴ですね。

◆生桜えび・生しらす◆
Scimg1829
この時期の静岡の旬の二品。
由比産の桜えびはプチっと。用宗産のしらすはトロっと。
両方とも甘いです。

◆かつおのたたき◆
Scimg1831
こちらは焼津産。最盛期はもう少し先かな?でも一足お先にいただきました。
野菜がたくさんでサラダ感覚です。

◆串盛り合わせ◆
Scimg1840
鶏(つくね・皮・もも)と豚(ねぎま・ハラミ)の串盛り合わせ。
つくねは御殿場の「太陽チキン」、豚は牧之原の「ふじのくに」というブランドを使ってるとのことです。

◆トマトスライス◆
Scimg1836
こちらも県内産のトマトです。

 

元祖 丁子屋』 (静岡市駿河区)

◆とろろ汁◆
Scimg1808
江戸時代から続く由緒ある丸子宿のとろろ汁。
お櫃に入った麦飯・たたみいわしのみそ汁・小鉢・香の物つき。
Scimg1810_2
醤油や出汁でなく自家製みそをブレンドしているそうです。

◆むかご揚げ団子◆
Scimg1812
むかご=自然薯の球芽。
そのむかごをすりおろして団子状に揚げたもの。
サッパリ酢醤油でいただきます。

 

『石部屋(せきべや)』 (静岡市駿河区)

◆阿部川餅◆
Scimg1885
これも江戸時代から知られる静岡銘菓。
つきたてのお餅にあんこときなこ。きなこの上には砂糖がかかってます。
さほど甘くありません。ホッと落ち着く味です。

|

« 遠征ごはん(静岡編) | トップページ | 大目ますの塩焼き »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(静岡編):

« 遠征ごはん(静岡編) | トップページ | 大目ますの塩焼き »