« 『La Rosetta』 | トップページ | 大目ますの塩焼き »

2011Jリーグ第12節 vs鹿島アントラーズ

5月21日(土) 埼玉スタジアム2002

Scimg9840
本来アウェー開催でしたが震災の影響でホーム開催の日程を交換しました。

Scimg9841_2

これまで鹿島戦といえば必ず5万人を超えていたんですが、今日は3万7000人だけ。
観客離れは深刻。
何故こんなに観客が減ったのか?フロント陣はその本当の理由をわかってないだろうな…たぶん。

Scimg9838 Scimg9843 Scimg9842 Scimg9846 Scimg9850 Scimg9847

浦和 2-2 鹿島。

2点ビハインドからよく追いついた。勝ち点1の重みをヒシヒシと感じる今日この頃です。
前半はこれまでの戦い方。攻撃は単発で得点を全く感じさせず、守備は左右に振り回されボロボロ。相手のやりたい放題な展開で先制点。
後半から選手を2人交代させるも全く効果なし。追加点をとられて万事休す…。

追加点をとられた後、夢も希望もないお約束の「負けてるときはFW投入」。
が、ここで副産物が発生!
442の「ツートップ」の形成され、孤立していたエジの負担が減って前線に連携が生まれる展開に。交代選手、交代時間からみてもこれは全く意図していなかったはず。
ビックリ!まさかまさかの連続ゴールで追いついちゃいました…。

Scimg9849

結果的にうまくいって監督は大喜びだったけど根本的な問題を解決したわけじゃありません。
そこをクリアにしない限り今後も苦しい状況は続きます。

|

« 『La Rosetta』 | トップページ | 大目ますの塩焼き »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011Jリーグ第12節 vs鹿島アントラーズ:

« 『La Rosetta』 | トップページ | 大目ますの塩焼き »