« 『La Rosetta』 | トップページ | かますの塩焼き »

2011Jリーグ第6節 vsヴァンフォーレ甲府

7月23日(土) 埼玉スタジアム2002

Scimg1082

Scimg1085

18:00キックオフ。

Scimg1086_3 Scimg1088Scimg1084 Scimg1091Scimg1090 Scimg1093

浦和 2-0 甲府。

前半12分でGK加藤退場。残り80分近くを10人で戦うハメに。
この退場は仕方ない。正直いってマンツーマンのディフェンスの弊害だと思う。

前半、二度あった相手の決定機がいずれもクロスバー。
結果的にはこれが全てだった。もう悪運としかいいようがないです。

10人にはなったけど全体のバランスは崩れてなかった。逆に「守ってカウンター」がはっきりしたため動きはむしろスムーズだったような気がする。

2点目は柏木の2試合連続ゴール。いずれも見事なミドルシュート。
中盤からミドルシュートがあると攻撃の幅が広がる。

Scimg1094

10人で残留争いのライバルに勝利したのは大きい。
そういう意味では今日の勝利は勝ち点3以上の価値あり、です。

Scimg1095


|

« 『La Rosetta』 | トップページ | かますの塩焼き »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011Jリーグ第6節 vsヴァンフォーレ甲府:

« 『La Rosetta』 | トップページ | かますの塩焼き »