« 遠征ごはん(福岡編) | トップページ | 遠征ごはん(福岡編) »

遠征ごはん(福岡編)

11月23日(水)~27日(日)

Scimg3899
画像は太宰府天満宮。菅原道真公を祀る学問の神様です。

Scimg3888

『お石茶屋』 (福岡県太宰府市)

◆梅ヶ枝餅◆
Scimg3901
太宰府天満宮の名物の焼き餅。参道の数多くのお店で売られています。
中に餡子が入っていて焼きたてがメチャクチャおいしい!

◆梅香茶◆
Scimg3903_2
太宰府といえば梅。梅(干し)のお茶です。香りがいい。

 

『筑紫庵 本店』 (福岡県太宰府市)

◆太宰府バーガー◆
Scimg3905
太宰府の参道にある人気のからあげ屋さんの唐揚げのバーガーです。ボリュームあります。
ソースはタルタルと太宰府らしい梅しそ。バンズがちゃんと焼いてあるのがうれしい。

 

久留米ラーメン 清陽軒』 (福岡県久留米市)

◆屋台仕込みラーメン◆
Scimg3750
久留米が「とんこつラーメン発祥の地」らしいです。その中でも老舗の一軒。
さすがに発祥地、かなりしっかり目のとんこつらしいとんこつスープです。

Scimg3752
細麺はだいたいどこでも一緒ですね。

◆久留米焼きめし◆
Scimg3754
お店はチャーハンも有名らしいです。
なるほど、ベチャベチャじゃなくパラパラのおいしいチャーハンです。

Scimg3756
辛子高菜。こってりしたものが多いのでラーメンにチャーハンにと重宝します。

 

『五十番』 (福岡県久留米市)

久留米出身のアーティストも通う有名店です。

◆餃子◆
Scimg3796
焼き餃子は福岡らしく鉄鍋ででてきました。
小判のように平べったい独特のカタチをしています。
ひっくりかえさないでそのまま食べるように、とのこと。

Scimg3800
タレはにんにくの入った醤油ダレ。
焼き面は超パリパリ、焼いてない面はもっちりの絶妙なバランス。
これはマジでおいしい!何個でもイケそう!

◆水餃子◆
Scimg3801
水餃子はもっちり感がさらに増します。

Scimg3802
タレはつけるのではなく水餃子に直接かけます。こうするとスープも飲めますね。

 

『やきとり弁慶』 (福岡県久留米市)

久留米は「焼きとりの街」。市内のいたるところに焼きとり屋が点在します。
焼きとり、といってもとり肉だけじゃなく牛、豚などいろいろな肉を焼いています。

Scimg3773
焼きとりにはビール。

◆キャベツ◆
Scimg3775
久留米の焼きとり屋の特徴の1つがコレ。最初にタレをかけた生キャベツが出されます。

◆豚バラ◆
Scimg3783
豚のバラ。串に刺すにはかなりのサイズです。

◆牛サガリ◆
Scimg3792
サガリ=ハラミの一部。柔らかいです。

◆ダルム◆
Scimg3794
ダルム=豚の腸。昔の医学生さんが名付けたとか。久留米では定番のメニューです。

◆鳥身◆
Scimg3793
もちろん鶏肉のメニューもたくさんあります。

 

和cafe Leaf Heart JR久留米店』 (福岡県久留米市)

Scimg3768
福岡県八女市は有名なお茶の産地です。八女茶。

◆八女抹茶シフォンケーキ◆
Scimg3763
その八女抹茶でつくったシフォンケーキ。
抹茶の微かな苦みと生クリームとあずきがよく合います。

◆きなこプリン◆
Scimg3764_3
同じプレートにのっていたミニプリンのきな粉がけ。白玉が1つのってます。

◆ほうじ茶◆
Scimg3766_3
緑茶だけでなくほうじ茶も八女茶です。

|

« 遠征ごはん(福岡編) | トップページ | 遠征ごはん(福岡編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(福岡編):

« 遠征ごはん(福岡編) | トップページ | 遠征ごはん(福岡編) »