« 今週のいただきもの | トップページ | 三陸産かきどうふ味噌仕立て »

2011Jリーグ第34節 vs柏レイソル

12月3日(土) 埼玉スタジアム2002

Scimg4131
最終節です。

15;30キックオフ。

Scimg4134

Scimg4136 Scimg4138
Scimg4132 Scimg4139

スタメンはFWなしの“0トップ”。
当然前線で納まり所がないゆえ攻められっぱなし。
ただこうなることは選手たちも分かっていたようなので結構落ち着いてプレーしていたようにみえた。
ただセットプレーから2失点…これは今年最後の最後まで修正できなかったなぁ。

後半、柏木のゴールで1点返す。ここから少し息を吹き返した。
ゴールに向かうプレーが徐々に増えていたし、相手も少しバタバタしてた。
このまま1点差のままいけばひょっとするかも…。

…と淡い期待をいだいた次の瞬間、GK加藤ファンブル。万事休す。
まぁ、今季幾度とスーパーセーブでチームを救ってくれたから正直責められないな。

Scimg4141

結果 浦和 1-3 柏。

試合を通してみると両チームには全ての面で差がありすぎた。当然の結果。

で、柏優勝。優勝にふさわしいチームだと思う。
相手チームの優勝を目の前で見るのは今年だけでも2度目。慣れてきたな。

Scimg4142

試合後のセレモニー。社長登場。
罵声とブーイングの嵐で何言ってるのか全然聞きとれなかった。

フロントに対してはそりゃあ文句のひとつも言いたくなるよ。

今年の低迷の原因のほとんどはフロントにあるといっても過言じゃない。
土台を作りつつあった去年の監督を自分たちの耐性のなさから契約延長せず、
ただOBというだけで何の実績もない人物を新監督に据え、
うまくいかなくなるとエースストライカーを放出、GMを解任と責任転嫁ともとられかねない迷走ぶりを披露したんだから。

今年は入場者数も激減した。
去年、一昨年も減ってはいたけど去年までと今年のそれとは全く違う。
去年までは勝てなくなったことで見に来なくなった“ライト層”。
今年はクラブ設立以来、初期の弱かったころから十何年と足を運んでくれた“コアな層”。
フロントが目先の利益ばかりを追求し、この人たちを軽んじ、裏切るような言動を繰り返した結果だ。
この人たちを再びスタジアムに呼び戻すのは正直並大抵のことじゃないはず。

Scimg4147_2

一方、堀監督と選手には(一応)拍手。
とくに堀監督は最悪の時期によく監督を引き受けてくれたと思う。
J2落ちしたら自分のキャリアに傷がつくかもしれないという状況にもかかわらず。感謝です。

ただ選手の方も放出&獲得を含めてレベルアップが必要と改めて思った。
今日の試合をみても個人能力は明らかに柏の選手より劣ってる。
今年のまま選手を変えずに新監督だけ迎えてもまた来年残留争いをするのは間違いない。
愛着のある選手がほとんどだけどここはプロに徹するべきだと思う。

 

今年はホント何もいいことなかった。
J1残留しても結局虚しいだけで何も得られないこともよくわかった。
それどころか失ったものがあったくらい。
こんなシーズンは二度とゴメンだ。

 

来年は楽しくサッカーが見たいです…。

|

« 今週のいただきもの | トップページ | 三陸産かきどうふ味噌仕立て »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011Jリーグ第34節 vs柏レイソル:

« 今週のいただきもの | トップページ | 三陸産かきどうふ味噌仕立て »