« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

3月20日(火)~25日(日)

Sdsc00923
北海道庁旧本庁舎。こちらも札幌市内の観光地。国の重要文化財です。

北〇〈きたまる〉 すすきの店』 (札幌市中央区)

◆地酒&お通し◆
Sdsc00899 Sdsc00907
左が北の勝(根室)。右の雪ふるる(札幌)は北海道限定。

Sdsc00901_2
お通しは春キャベツと鶏肉。

◆石狩鍋◆
Sdsc00905
北海道の郷土鍋といえば石狩鍋。
鮭の切り身と道産の野菜類を味噌の出汁で仕立てます。

Sdsc00906
コクとまろやかさを出すためにバターを使います。

Sdsc00909
寒い時期はやっぱり鍋ですね、体が温まります。

◆春にしんの刺身◆
Sdsc00902
ニシンの刺身はなかなか食べる機会がありません。希少です。
クセはほとんどありません。脂は結構あります。食感はブリに近い感じでしょうか?

◆活帆立貝の卵刺し◆
Sdsc00910
ホタテの中に一年中あるわけではなく、春先になるとこの卵(生殖巣)が大きくなるらしいです。一般的に白いのがオス、赤いのがメスとのこと。
どちらもものすごいクリーミーです。しいていえば白は濃厚そのもの、赤はあっさり系かな?

Sdsc00914
下にヒモが隠れてました。コリコリ。

◆鮭ルイベの刺身◆
Sdsc00913
北海道の郷土料理。冷凍した生のサケです。
解凍せずにそのまま刺身になるのでシャリシャリした食感です。

◆行者にんにくの醤油漬け◆
Sdsc00904
これも道産。北海道では“アイヌネギ”ともいうらしいです。
香りがいいですね、酒の肴にぴったりです。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »