« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »

遠征ごはん(大分編)

3月16日(土)~20日(水)

Sdsc05312

別府タワー。別府市のシンボルタワーです。
東京、札幌、名古屋、大阪、福岡とあわせて「タワー6兄弟」というそうです。

ろばた仁』 (大分県別府市)

◆焼酎&お通し◆
Sdsc05390 Sdsc05383_2
大分といえば麦焼酎いいちこ。「下町のナポレオン」です。
日田全麹をロックでいただきました。

◆関さばの刺身◆
Sdsc05385
大分市の佐賀関で水揚げされるサバ。ブランド品です。
漁場である豊予海峡は「速吸の瀬戸」と呼ばれ、潮の流れが早く魚の身が締まってます。
脂ののった関サバの刺身は至福の逸品!

◆関あじの刺身◆
Sdsc05391
こちらも同じく佐賀関のブランド品。当然こちらも文句なし!
関サバ、関アジは佐賀関漁師伝統の一本釣りで生きたまま水揚げされるらしく、魚の扱いも丁寧なんだそうです。

◆りゅうきゅう◆
Sdsc05387
刺身用の魚を醤油、生姜、胡麻のタレに漬けこんだ大分の郷土料理です。
丼ものやお茶漬けにして食べられることも多いそうです。確かにご飯が欲しくなる味付けです。

Sdsc05389
使われた魚はタイでした。

◆城下かれいの刺身◆
Sdsc05393
別府湾に面している日出城(晹谷城)の城下で獲れたことからその名がついたマコガレイです。
キモ、皮、エンガワも添えてあります。薬味のレモン、もみじおろし、あさつきと一緒にポン酢でいただきます。

◆焼きしいたけ◆
Sdsc05395
大分県はしいたけの名産地。
生のしいたけは肉厚。軽く炙って醤油を垂らしていただくと最高の酒の肴になります。

|

« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(大分編):

« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »