« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »

遠征ごはん(大分編)

3月16日(土)~20日(水)

Sdsc05408

湯布院・金鱗湖。(湖っていうほどの広さじゃないです。池ですね。)
この湖底から温泉が湧いているため寒い朝に行くと湖から湯気がたちこむ幻想的な光景が見られます。

Sdsc05418

辻馬車のパカパカという音がのどかな風景に一役買ってます。

『桜家』 (大分県由布市)

◆豊後牛カツサンド◆
Sdsc05417
大分県の豊後牛を使ったビーフカツサンドです。
軽くトーストしたパンに分厚いビーフカツが挟んであります。
テイクアウトもできますが、イートインすれば熱々の肉汁を堪能できます。

Sdsc05412_2
セットのクラムチャウダーとサラダ。

 

『湯布院金賞コロッケ2号店』 (大分県由布市)

◆金賞コロッケ◆
Sdsc05411
「全国コロッケコンクール」で金賞を受賞したことからこの名がついたらしいです。
ミンチ入りの柔らかめ系のコロッケ。散策の食べ歩きに最適です。

 

『茶房 天井桟敷』 (大分県由布市)

◆モン・ユフ◆
Sdsc05399
湯布院の名宿・亀の井別荘の敷地内にあるカフェです。
このお店の名物が雪の由布岳(Mont.YUFU)に見立てた“モン・ユフ”
濃厚なクリームチーズを山のように立たせて(中は空洞!)、その上にあっさりめの生クリームとレーズンをかけた上品なデザートです。

Sdsc05402
桟敷珈琲というオリジナルブレンドコーヒーと一緒に。
ゆったりとした時間が過ごせます。

 

『別府湾SA B-speakcafe』 (大分県別府市)

◆Pロール◆
Sdsc05379
湯布院でNo.1の人気を誇るロールケーキです。
そのカフェが大分自動車道・別府湾SAの敷地内にあります。
流行りの「中身が全部クリーム」系ではなく、あくまで生地をメインにしています。
その生地はふわふわ。厚さ5cmくらいにカットしてくれているのもウレシイです。

 

想夫恋 新本店』 (大分県日田市)

◆日田焼きそば◆
Sdsc05419
大分県日田市のB級グルメ、日田焼きそばです。
その硬い麺はインパクト大。食べていると時々ポキポキ音がして、かた焼きそばを彷彿とさせます。
具はもやし、ネギ、豚肉。味付けもソースとシンプルですがクセになるおいしさです。

 

『豊国畜産 中津ぶんごや』 (大分県中津市)

◆唐揚げ◆
Sdsc05302
大分県の県北地域は鶏の唐揚げの専門店があるらしいです。
現在では唐揚げ専門店の「聖地・中津」、「発祥地・宇佐」と呼ばれています。
今回県北まで行けなかったのですが、スタジアムで売ってました。
醤油ダレでしっかり下味をつけた唐揚げ。次回はちゃんと地元で食べてみたいです。

|

« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(大分編):

« 遠征ごはん(大分編) | トップページ | 遠征ごはん(大分編) »