« 『洋食KOBAYA』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »

ACL2013グリープリーグ第5戦 vs広州恒大

4月24日(水) 埼玉スタジアム2002

Sdsc05876

後がないACLのグループリーグ。必勝です。

Sdsc05879

ACLのグループリーグも残り2試合です。
これまでのところレッズは1勝1分2敗の3位。これまでの試合結果をみると取るべき勝ち点を取りこぼしている印象が強いです。もうあとがありません。グループリーグ突破のためには残り2試合は勝ちが絶対条件です。

Sdsc05878_2

今日の相手は中国の広州恒大。前回はアウェイで0-3で敗れています。
このチーム…というか中国のクラブチームはとにかく資金力がハンパじゃないです。
監督は06年W杯でイタリアを優勝に導いたマルチェロ・リッピ。(約11億円)
選手にはかつてドルトムントで香川とチームメイトだったパラグアイのルーカス・バリオス(約8億円)はじめ、アルゼンチンのコンカ(約6億円)、ブラジルのムリキ(約1億円)…と、まぁJリーグのクラブでは支払うのがとても無理な選手ばかりです。
さらに中国人の選手は控えまでほぼ中国代表を揃えています。

Sdsc05882 Sdsc05881

レッズのスタメンは土曜日のJリーグの試合で負傷退場した原口元気がメンバーから外れました。代わりにマルシオ・リシャルデスが入ってます。

◆52分 興梠慎三◆
Sdsc05885

◆63分 阿部勇樹◆
Sdsc05886

◆67分 マルシオ・リシャルデス(PK)◆
Sdsc05888

 

浦和 3-2 広州

選手たちは意地をみせてくれました。

Sdsc05889

前半はPKを外し、自らの凡ミスで先制点を献上。完全に負けパターンの展開。
万事休すかと思われた後半は息を吹き返した。3点目が入るまで完全に主導権を握っていたように思う。
で、残り20分からはハチャメチャ…正直ACLはレフリーとの戦いでもあることを痛感。

雨は浦和に味方。疲れからか、相手の動きが鈍くアウェイの試合とは大違い。
それと雨はテクニックを浮き彫りにするとよく言われます。確かに相手の外国人3人はテクニックがあるけど、11人トータルではレッズの方が上だという印象でした…。

Sdsc05890_2

残り1試合。グループリーグ突破の可能性は首の皮一枚残りました。
相変わらず他力本願ですが、とにかくチームは次も勝つことが大前提。

人事を尽くして天命を待つ、です。

|

« 『洋食KOBAYA』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ACL2013グリープリーグ第5戦 vs広州恒大:

« 『洋食KOBAYA』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »