« 『La Rosetta』 | トップページ | 釜揚げしらす・いくら丼 »

2013Jリーグ第13節 vs柏レイソル

5月26日(日) 国立競技場

Sdsc06270

昼間の国立競技場は直射日光がキツイです。

浦和は今年、国立競技場でリーグ戦を3試合行います。(いずれもアウェイ。)
この国立競技場は2020年の東京オリンピックメイン会場になるべく、8~10万人収容の競技場に大改修されます。
工期は平成26年7月から平成31年3月まで。おそらく来年からしばらく使うことができなくなりそうです。

Sdsc06269

今日の相手は柏レイソル。
柏はACL決勝ラウンドに出場しました。そのACLを水曜日に戦ったため中3日の日程です。
一方レッズはACL敗退のため試合がなく、中1週間空きました。コンディション的には多少レッズが有利でしょうか?

Sdsc06273 Sdsc06272

スタメンは不動。誰もが納得できる現時点でのベストメンバーだと思います。

◆17分 原口元気◆
Sdsc06274
先制点。

◆45分+1分 柏木陽介◆
Sdsc06275
前半ロスタイムのこの追加点がデカかった。

◆63分 柏木陽介◆
Sdsc06276
直接FKで3点目。これはキーパーも止められないスーパーゴール。

◆68分 マルシオ・リシャルデス◆
Sdsc06277
4点目。記録上はマルシオのゴールですが、ほぼ90%以上興梠のゴール。

◆79分 森脇良太◆
Sdsc06278
1点とられた後にすぐに取り返す。喜ぶ森脇に誰も寄ってこない…w

◆87分 マルシオ・リシャルデス◆
Sdsc06280
2点目を取られてまた直後に取り返す。相手サポの心が折れたのが反対側にいてもよく分かりました。

 

柏 2-6 浦和 ○

2試合連続の6-2。
連続大量得点はすばらしいですが、2失点は余計です。

Sdsc06281

相手・柏のスタメンDFの4人は全員センターバック。5人を前線に並べるレッズの攻撃時のシステムにかなり戸惑っているようでした。だからレッズが完全に主導権を握れていたかといえばそうでもなかったです。前半は先制点こそ取ったもののどうも細かなミスが多くてイマイチ波にのりきれない。そんな状況でしたので前半終了ロスタイムの追加点はホント大きな意味がありました。
後半は時間が経つにつれてコンディションの差が明らかに。大量得点の要因になりました。

ただ2つの失点がどうしても気になります。
ハイボールをかぶってしまういつもの悪いクセ。しっかりクリアできれば何の問題もないものなので克服必須です。

|

« 『La Rosetta』 | トップページ | 釜揚げしらす・いくら丼 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013Jリーグ第13節 vs柏レイソル:

« 『La Rosetta』 | トップページ | 釜揚げしらす・いくら丼 »