« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(名古屋編) »

2013Jリーグ第20節 vs名古屋グランパス

8月10日(土) 豊田スタジアム

Sdsc07179

2010年以来の名古屋アウェイ遠征です。

今日は全国各地で記録的な猛暑日でした。
もちろんここ豊田スタジアムも例外ではありません。
キックオフの19時時点で気温30.8℃、湿度68%。正直サッカーの試合をやる気候ではありませんね…。

Sdsc07180

今日の相手は名古屋グランパス。今年のホーム開幕戦では1-0で勝利しています。
その後もイマイチ調子が上がってこなかったのですが、最近FWケネディが復調してからは4連勝。勢いがでてきました。春先にホームで戦ったときの相手とは別物と考えてよさそうです。

Sdsc07181 Sdsc07183

レッズは梅崎がケガの手術のため欠場。それ以外はベストメンバー。
サブには山田直輝が復活です。

 

名古屋 2-0 浦和 ●

得点者なし。完敗です。

Sdsc07184

今日のポイントは2つ。サイド攻撃と先制点です。
とにかく相手の中央のDFは高くて強いです。単純にクロスを上げたり、中央のコンビネーションだけで崩すのは至難の業。ならばサイドを制圧して中央に揺さぶりをかけなければいけません。
しかし今日の名古屋のサイドバックはいさぎよく攻撃を捨て守備に専念してきました。ただそれでも1対1の勝負でサイドの主導権を握ってほしかったのですが、悉く失敗。これではなかなかシュートまでもっていけません。
そして先制点。どんなかたちであれ、こちらが先制すれば相手は守備バランスを崩して攻撃してきます。そこを突いてさらに追加点、というのが当初のゲームプランだったはず。そしてなにより相手は先制点をとられると勝てないというジンクス…。
自分たちのミスからのホント“安っぽい”失点。これで勝負ありでした。2失点目はDFが完全に崩されましたね。

最近よくみられるのですが、拮抗したゲーム展開だとどうしても相手より先に根負けして失点してしまいます。辛抱強く粘り強く試合をものにする―これができないと優勝という二文字はみえてきません。

 

う~ん、自分が東海地方に遠征するとどうも結果がダメだなぁ…。

|

« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(名古屋編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013Jリーグ第20節 vs名古屋グランパス:

« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(名古屋編) »