« 『高はし』 | トップページ | 生うに »

めぬきの煮付け

3月6日(木) 『高はし』

Sdsc09887
自分がお店に出入りするようにって6、7年。ようやくありつけました。
キンキ、ノドグロ、ナメタガレイに続く“煮魚四天王”、メヌキです。ラスボスですね。
いただいたのはカマの部分。第一印象は「デカイ」。器もいつもより一回り大きいものを使ってます。
これまでの煮魚四天王のように柔らかくふんわりした食感とは正反対で、ギュッと締まった弾力ある身質がものすごくインパクトあります。身は締まってますが、不思議と味付けはこれくらい薄くてちょうどいい感じです。

 

ちなみにアタマの部分はコレ↓
Sdsc09889
※自分が食べたものではありません。火曜日のお兄さんに撮らせてもらいました。

Sdsc09890
カマの器よりさらに大きい器です。食べてるとき周りの方の注目をかなり浴びます。

|

« 『高はし』 | トップページ | 生うに »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めぬきの煮付け:

« 『高はし』 | トップページ | 生うに »