« 遠征ごはん(徳島編) | トップページ | 遠征ごはん(徳島編) »

遠征ごはん(徳島編)

7月20日(日)~24日(木)

Sdsc01533

鳴門公園内にある大塚国際美術館。古代~現代までの1000点以上の西洋名画が原寸大の陶板で再現されています。写真はシスティーナ礼拝堂。

Sdsc01542

陶板ですので絵画は写真OK。しかも触れることもできます。世界史をもっとしっかり勉強しておくべきだったな…。

『大井食堂』 (徳島県鳴門市)

◆うどん竹輪入り◆
Sdsc01666
鳴門のソウルフード“鳴るちゅるうどん”です。あっさり醤油の出汁に不揃いの細麺のうどんです。具に鳴門名産のワカメや竹輪が入ることがあります。

Sdsc01667
麺はコシがなくフニャフニャ。ただこの麺はあっさり出汁によく合います。出汁と一緒にすするようにいただきます。讃岐と目と鼻の先なのにこうも違うのものなのかぁ、と思ったりしてしてしまいます。

 

ことらや』 (徳島県鳴門市)

◆赤飯◆
Sdsc01668
鳴門市内の和菓子の名店のお赤飯です。ごま砂糖がついています。鳴門市では赤飯に砂糖をかけて食べる習慣があるそうです。まぁ、これはこれでアリかな?おはぎという食べ物があるくらいですから、お米と砂糖って意外と相性はいいのかもしれません。

 

リッチバーガーファクトリー』 (徳島県松茂町)

◆とくしまバーガー◆
Sdsc01562
徳島県内の食材を使ったご当地バーガーです。阿波牛のハンバーグとスライス肉、トマト、レタス、ほうれん草を混ぜ込んだバンズにスダチ果汁のソース。ご当地バーガーというとかなり強引なものもありますが、こちらはかなり完成度の高いハンバーガーになっています。

◆なると金時チップス◆
Sdsc01561
セットの鳴門金時のチップスです。パリッと揚げてあります。鳴門金時ですが甘くはありません。しっかり塩味です。

 

『レストランガーデン』 (徳島県鳴門市)

◆最後の晩餐◆
Sdsc01555
大塚国際美術館内にあるレストラン。あの“最後の晩餐”に描かれた料理を徳島の食材を使ってアレンジ(再現?)したらしいです。ま、当時はこんな凝った料理のはずがありませんよね。ちなみにドリンクはワインがぶどうジュースを選べます。

Sdsc01543
↑これが元資料。

 

『アイスクリームショップ パーク・イン』 (徳島県鳴門市)

◆鳴門金時芋ソフト◆
Sdsc01669
ソフトクリームの中に鳴門金時を練りこんだものではありません。このお店の鳴門金時芋ソフトは蒸かした鳴門金時の上にソフトクリームがのっています。蒸かした熱々の金時芋と冷た~いソフトクリームのコラボレーション。個人的にこいういうの、大好きです。

|

« 遠征ごはん(徳島編) | トップページ | 遠征ごはん(徳島編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(徳島編):

« 遠征ごはん(徳島編) | トップページ | 遠征ごはん(徳島編) »