« 遠征ごはん(神戸編) | トップページ | 遠征ごはん(神戸編) »

遠征ごはん(神戸編)

6月20日(土)~22日(月)

Sdsc05834

天台宗・書寫山圓教寺。「西の比叡山」と呼ばれる古刹です。映画「ラストサムライ」やNHK大河「軍師官兵衛」などのロケ地にもなってます。

『Gotto 姫路駅前店』 (兵庫県姫路市)

◆お酒◆
Sdsc05774 Sdsc05782
播州地酒の飲み比べセット。兵庫県産米の「官兵衛にごり酒」、山田錦の純米吟醸「白鷺の城」、兵庫夢錦の純米スタンダード「奥播磨」の3種。
姫路市安冨町の柚子を使った安富柚子サワー。まろやかな甘さの柚子の香りです。

◆焼枝豆◆
Sdsc05776
バター醤油で炒めた枝豆。皮を舐めながら豆を食べるのがコツ。姫路市のお隣・龍野はヒガシマル醤油に代表される醤油の名産地です。

◆姫路たけのこと播州トマトのフリッター◆
Sdsc05778
珍しいタケノコとトマトのフリッター。姫路市太市のタケノコの「姿は京都の山城。味は太市」 と称されるほど美味です。

◆地野菜のグリル◆
Sdsc05781
播磨地方は野菜がホントおいしい地域です。素焼きの野菜を味噌ダレか塩ダレでいただきます。

◆とろとろやわらか煮豚◆
Sdsc05777
姫路のブランドポークは「桃色吐息」という名だそうです。(ちょっとミスマッチな気が…w)箸で裂けるほどトロトロに柔らかく煮込んであります。う~ん、ご飯が欲しい…。

◆佐用ホルモン焼きうどん◆
Sdsc05784
〆の食事。兵庫県佐用町の名物ご当地グルメ、具にホルモンを使った焼きうどんです。そのホルモンの脂を中和させるたっぷりのネギ、水菜、モヤシがのっています。

Sdsc05786
うどんにしては細くて平たい麺です。焼いたホルモンは甘いですね。

Sdsc05787
このようにタレにつけて食べる食べ方もあるそうです。こちらのタレは味噌味。個人的にはタレなしでそのまま食べる方が好きかな?

◆こだわり卵のプリン◆
Sdsc05789
最後にデザート。姫路のブランド卵「夢美人」を使ったプリンです。固さはやや柔らかめ。濃厚な味わいです。

 

ひめたま 坂田町店』 (兵庫県姫路市)

◆黄金のタマゴサンド◆
Sdsc05831
姫路市内のローカルなサンドイッチ屋さんですが、このタマゴサンドは一日1000個売れるんだそうです。タマゴがぎっしり挟んであってボリュームあります。

|

« 遠征ごはん(神戸編) | トップページ | 遠征ごはん(神戸編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(神戸編):

« 遠征ごはん(神戸編) | トップページ | 遠征ごはん(神戸編) »