« 『高はし』 | トップページ | おくらのおひたし »

今週のいただきもの

8月3日(月)~8日(土) 『高はし』

◆『Franchise』 たま卵チーズ◆

Sdsc06489 Sdsc06490
ナカノさんから大阪のお土産3連発。
1つ目は大阪・堺のお店の一口サイズのチーズケーキです。食感はしっとり。チーズの味は比較的あっさりめ。とてもバランスがいい感じのチーズケーキです。ちなみに商品名は、たま卵(らん)、です。

 

◆『青木松風庵』 月化粧◆

Sdsc06495 Sdsc06496
ナカノさんの大阪土産、2つ目。
中に練乳を混ぜ込んだ白餡を包んだみるく饅頭です。はい、あの『明月堂』の博多通りもんとそっくり。しかも両者ともモンドセレクションで受賞をしてます。月化粧が最高金賞、博多通りもんは最高位特別金賞。どっちが上なんでしょ?

 

◆『太郎フーズ』 くいだおれ太郎プリン◆

Sdsc06497 Sdsc06498
ナカノさんの大阪土産、3つ目。
常温保存可能なお土産系プリンです。カラメルソースとカラメルクラッシュが添えてあります。両方かけるとクリームブリュレ風のプリンになります。プリンはちょっと甘め、固さは普通くらいです。なんと言ってもプリンを包んであるこの帽子!カワイイです。

 

◆『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』 面白い恋人◆

Sdsc06502 Sdsc06503
広島のお兄さんから大阪のお土産を2品です。
まずはもはや大阪土産の定番になりました面白い恋人。みたらし味のクリームをサンドしたゴーフレットです。以前よりもみたらしの香りが強くなったような…開封した瞬間、みたらしの香りが広がるほどになっています。

 

◆『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』 面白い恋人◆

Sdsc06504 Sdsc06505
広島のお兄さんの大阪土産、2つ目。
同じ面白い恋人ですが、こちらは「浪速のミックスジュース味」。ミックスジュースといえば大阪では誰もが飲んでいるジュース。そのさわやかで甘いフルーティなクリームがサンドしてあります。こちらもなかなかイケます。

 

◆『サンエール 楓乃樹』 メープルもみじ◆

Sdsc06512 Sdsc06514
厚木のお兄さんから広島のお土産です。
広島のお土産といえばもみじ饅頭ですが、もみじはもみじでもこちらはメープルを使った洋菓子です。今回はフィナンシェとラングドシャの2種類。フィナンシェはメープルシュガーがたっぷり。香りがいいです。ラングドシャはメープル風チョコレートが間に挟まっています。

 

◆『カルビー ポテトファーム』 ジャガJ◆

Sdsc06515 Sdsc06516
トヨタのお兄さんから北海道のお土産を2品です。
1つ目は札幌のレストラン『YOSHIMI』とのコラボレーション商品。北海道産のジャガイモの厚切りポテトチップス。チーズとスパイスが効いています。大人気で品薄状態が続いていましたが、最近は落ち着いてきたのでしょうか?

 

◆『福太郎』 ほがじゃ◆

Sdsc06517 Sdsc06518
トヨタのお兄さんから北海道のお土産、2つ目。
北海道産のじゃがいも澱粉をベースに北海道産の魚介、野菜、乳製品を使ったフリッターおせんべいです。こちらはチーズ味。魚介も入ってかなり濃厚なおせんべいに仕上がっています。お茶請けというよりビールのおつまみの要素が強いですね。

 

◆『Bonne Maman』 マドレーヌ◆

Sdsc06519 Sdsc06520
バーバリーのダンナさんからフランス・パリのお土産3連発です。
まずは1つ目。フランスでも人気のコンフィチュール。日本でもジャムやビスケットは販売されていますが、こちらは日本未入荷のマドレーヌ。超しっとりです。

 

◆『PLESSIS』 ミルクチョコ◆

Sdsc06521 Sdsc06523
バーバリーのダンナさんのパリ土産、2つ目。
シャノワールの絵画の包み紙に包まれたチョコレートです。絵画が好きな人にはいいお土産かもしれません。(ちなみに自分は絵画のことはさっぱりわかりません。)中身はミルク多めの甘~いチョコレートです。

 

◆『ラ・メール・プラール』 サブレ・ガレット◆

Sdsc06524 Sdsc06525
バーバリーのダンナさんのパリ土産、3つ目です。
フランスのNo1観光スポットの1つ、モン・サン・ミッシェルの名物と言えばオムレツとこちらのお菓子です。サブレはバター、ガレットはキャラメル風味。創業100年以上のいわゆる老舗の、シンプルで素朴な味わいの銘菓です。

 

皆さん、ごちそうさまでした!

|

« 『高はし』 | トップページ | おくらのおひたし »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のいただきもの:

« 『高はし』 | トップページ | おくらのおひたし »