« 遠征ごはん(信州編) | トップページ | アスパラガスの酢味噌和え »

遠征ごはん(信州編)

9月24日(木)~29日(火)

Sdsc07202

7月の松本遠征はどこも観光せずにトンボ返りでしたので改めて松本を中心に信州の観光してきました。
松本市のシンボル、松本城。現存する最古の木造天守。国宝4城のひとつです。

Sdsc07247

ライトアップされた松本城。スーパームーンと一緒に。

『割烹 新三よし』 (長野県松本市)

◆お酒・お通し◆
Sdsc07314 Sdsc07316
お酒は大町市の純米吟醸・白馬錦。お通しはきんぴらごぼうです。

◆さくら刺 六種盛◆
Sdsc07317
信州名物の馬刺しの盛り合わせ6種類です。赤身、ハツ、極上霜降は生姜醤油で、白いたてがみは生姜味噌をつけて、コリコリとした食感の大動脈はおろしポン酢、レバーはごま油でしっかり味付けしてあります。インパクト大はやはり霜降り。口の中でとろけるようです。

◆なめこと塩丸いかとの酢の物風◆
Sdsc07321
塩丸イカはイカを丸ごと茹でて塩漬けにしたもの。それを塩抜きして、大きいなめこときゅうり、ワカメと一緒に酢の物風にしてあります。

◆信州リンゴたっぷりポテトサラダ◆
Sdsc07325
りんご入りのポテトサラダのは一般的ですが、こちらは信州りんごをスライスしたものが添えてあってポテトサラダと一緒にいだたきます。りんごのシャキシャキとした食感と甘さがポテサラとよく合います。

◆野沢菜漬◆
Sdsc07323
長野のお漬物といえばやっぱり野沢菜。お酒もご飯もすすみます。

 

卯屋』 (長野県松本市)

◆お酒・お通し◆
Sdsc07218 Sdsc07232
お酒は北アルプス連峰の伏流水を使った大信州。それと更埴のあんず酒・杏姫はソーダ割りで。

Sdsc07219
お通しはキノコの和え物。

◆信州サーモン刺◆
Sdsc07226
ニジマスとブラウントラウトを交配した信州サーモンです。肉厚で脂たっぷりの濃厚な身質です。生のサーモンを食べられるのは貴重です。

◆信州の恵◆
Sdsc07224_2
信州の自然の素材を使った小鉢の数々。ラディッシュと辛味噌、くるみおかか、鹿そぼろ田舎煮、きのこ菊花和え、くらかけ豆、高野豆腐とかき茸、野沢菜、穂高葉わさび…どれも素材が生かされています。一回でいろいろと楽しめますね。

◆天然キノコのホイル焼き◆
Sdsc07237
地元の天然キノコのホイル焼きです。キノコはホウキ茸とコムソウの2種類。おろし生姜でさっぱりといただきます。

◆とうふのみそ漬◆
Sdsc07235
豆腐をみそに漬けたもの。豆腐がチーズのような食感になっています。味は微かに味噌の香りが漂います。酒の肴にぴったり。添えてあるマヨネーズと相性○です。

◆珍味盛り合わせ◆
Sdsc07229
信州の珍味…昆虫です。割とメジャーな?イナゴ、グラスに入ったはちの子、手に入りづらい珍味中の珍味・ザザムシ、ちょっとクセのある味のお蚕さま(サナギ)の黄金カルテット。今では県民でもほとんど食べないそうですが…。

|

« 遠征ごはん(信州編) | トップページ | アスパラガスの酢味噌和え »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(信州編):

« 遠征ごはん(信州編) | トップページ | アスパラガスの酢味噌和え »