« 今週のいただきもの | トップページ | アスパラガスの煮びたし »

2015Jリーグ2ndステージ第13節 vsサガン鳥栖

10月3日(土) 埼玉スタジアム2002

Sdsc07381

リーグ戦も残り5試合となりました。ここからが正念場。

[前々節の結果]

清水 1-4 浦和 ○ (エコパスタジアム)

得点者:森脇、興梠、武藤、柏木
ステージ:6勝2分3敗 勝ち点20
年間:18勝7分3敗 勝ち点61

DF槙野が出場停止でしたので4バックで挑みました。この試合に限ってはそれなりに機能はしていたと思います。同点に追いつかれて前半を終了したときは5試合未勝利の相手にまた勝ち点献上かと不安がよぎりましたが、後半は勝ち越し→追加点とゲームをほぼ支配しての完勝。連勝です。

 

[前節の結果]

鹿島 1-2 浦和 ○ (県立カシマサッカースタジアム)

得点者:高木、興梠
ステージ:7勝2分3敗 勝ち点23 3位
年間:19勝7分3敗 勝ち点64 1位

今後を占う上での大一番だったかもしれません。今回はDF那須が出場停止。また4バックです。試合開始直後からとにかく攻められまくりました。GK西川の神懸り的なセーブがなければ惨敗していたところでした。やはり上位のチームには付け焼き刃の4バックは通用しません。後半からいつもの布陣に戻したのは正解でした。耐えに耐え忍んだ結末は…勝利が天からポロリと落ちてきました。3連勝です。

Sdsc07382

今日の相手はサガン鳥栖。今年は鬼門のアウェイ戦でようやく勝ち点3を得ることができました。鳥栖は今シーズンは調子が上がってきていないようです。ただレッズからすると前線からプレスをかけてくる、ちょっと苦手な相手であることには変わりありません。

Sdsc07383 Sdsc07384_2

いつものスタメンがようやく戻りました。ただサブの李忠成がケガでベンチ外です。

◆23分 興梠 慎三◆
Sdsc07385
CKからこぼれ球に反応して先制点。

 

△ 浦和 1-1 鳥栖

相手が主力の数人欠いていたことを考えると…結果、内容ともにイマイチ。不満です。

Sdsc07386

今日はハードワークの勝負でした。どちらが先に足が止まるか…結局先に足が止まったのはレッズの方。この時点で勝利は難しくなってしまったような気がします。それでも前半は互角か、やや有利に試合を進めることができていました。が、今日は交代策も完全に裏目。後半は連携も突破も消えて攻めあぐねる状態がずっと続いてました。

今日の引き分けで前節のラッキーな勝利がフイになってしまった感があります。しかしまだ年間勝ち点1位はキープ。まだ気持ち的にあせる必要は全くありません。

次節はアウェイでG大阪戦。

|

« 今週のいただきもの | トップページ | アスパラガスの煮びたし »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015Jリーグ2ndステージ第13節 vsサガン鳥栖:

« 今週のいただきもの | トップページ | アスパラガスの煮びたし »