« 『高はし』 | トップページ | 刺身盛り合わせ »

2016Jリーグ1stステージ第5節 vsヴァンフォーレ甲府

4月1日(金) 埼玉スタジアム2002

Sdsc09214

平日金曜日の開催です。

来週火曜日にACLが控えているためリーグ戦は今週は1日早い金曜日開催となりました。
年度初め&平日の夜ではスタジアムまで足を運ぶことのできる人は限られてきますね。

[前節の結果]

湘南 0-2 浦和 ○ (Shonan BMW スタジアム平塚)

得点者:李(41分)、興梠(55分)

ACLアウェイ広州恒大(中国)戦から戻ってきて中3日。疲労で苦戦を予想していましたが、全く関係ありませんでした。試合も終始ペースを握って内容、結果ともに完璧。特に追加点の2点目は見事な連携でのゴールでした。

Sdsc09215

今日の相手はヴァンフォーレ甲府。しっかり自陣ゴール前を固めて守備をしてきます。こういう相手はかなり苦手です。過去のホーム甲府戦をみてもここ3年は連続ドロー。負けてはいないけれども勝ちきれない、モヤモヤした試合が多い印象です。

Sdsc09216 Sdsc09217

W杯予選があったため代表メンバー以外は前節から11日間空いたので今日のスタメンはほぼベストメンバー。ただ関根がサブに回って梅崎が右サイドに入りました。

◆68分 興梠 慎三◆
Sdsc09218
攻めあぐねていた中、中央をワンツーでこじ開けてようやく先制点。

◆81分 森脇 良太◆
Sdsc09219
ロングシュートが決まって追加点。

 

○ 浦和 2-1 甲府

完勝のはずが…最後の失点で台無しです。

Sdsc09220

前半30分で相手が1人退場したとき、ちょっとイヤな予感がしました。数的不利になれば守りを固める相手はさらに守備偏重にシフトします。案の定、一方的に攻めても攻めてももなかなかゴールが割れない展開になってしまいました。こういうときに個の力で打開できる選手がいるといいのですが、今のチーム戦術・連携プレー重視の現状ではそういう選手は「使いづらい」選手になってしまいます。う~ん、難しいところですね。

それでも後半にようやくゴールが奪えましたし、追加点も入りました。…が、最後のロスタイムで10人相手に失点する大失態!こういうツメの甘さがあと一歩のところでタイトルを逃している遠因になってるような気がします。

火曜日のACLでは命取りになりかねません。最後の最後まで集中して戦ってほしいです。

|

« 『高はし』 | トップページ | 刺身盛り合わせ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016Jリーグ1stステージ第5節 vsヴァンフォーレ甲府:

« 『高はし』 | トップページ | 刺身盛り合わせ »