« 遠征ごはん(大阪編) | トップページ | 遠征ごはん(大阪編) »

遠征ごはん(大阪編)

6月15日(水)~16日(木)

Sdsc09954

堂島川と土佐掘川にはさまれた中之島公園。大阪市初の市営公園で都会のオアシスになってます。この先には大阪市役所や中央公会堂などの由緒ある建造物が建ち並んでいます。

Sdsc09952

土佐堀川といえば朝の連ドラ「あさが来た」。近所の大阪取引所前には五代友厚像が建ってます。

『ガスビル食堂』 (大阪市中央区)

大阪ガス本社8階にある、大阪の由緒のある洋食レストランです。

◆ムーサカ◆
Sdsc09985
お店の名物料理です。ギリシャ料理の「ムサカ」をアレンジしたもの。本来の羊肉を牛肉に代えてドミグラスソースで煮込んだもの。焼き野菜と一緒に周りをマッシュポテトで囲んでオーブンで焼き上げてあります。濃厚なデミソースとマッシュポテトがよく合います。野菜もおいしい。

Sdsc09986
温ためられたパンとバターと一緒に。

◆ビーフカレー◆
Sdsc09987
老舗の欧風カレーです。ランチの人気メニューのひとつです。辛すぎず甘すぎず、ちょうど良い辛さになってます。雑味がなく食べやすいです。

Sdsc09990
ビーフはただの牛肉の細切れではありません。レアに焼いたステーキで使う牛肉が惜しげもなくゴロゴロ入っています。これぞ正真正銘のビーフカレー!といった感じです。

Sdsc09989
福神漬け、らっきょう、セロリの酢漬け。ちなみにコース料理を頼むと最初に生のセロリが出てきます。この生のセロリは創業当時から続く名物となってるそうです。

◆ピーチメルバ◆
Sdsc09993
19世紀後半から20世紀初頭に絶大な人気を誇っていたオーストラリア出身のソプラノ歌手、ネリー・メルバに由来するクラシックなデザート。アイスクリームとピーチ、そしてフランボワーズソースの取り合わせが決まりになっているそうです。

 

『北新地サンド』 (大阪市北区)

◆タマゴカツサンド◆
Sdsc09980_2
卵焼きにパン粉をつけて揚げた「タマゴカツ」を挟んだサンドイッチです。卵が半熟でトロトロ。パンに塗ってある甘めのマヨネーズがタマゴカツとよく合います。

◆心斎橋チキン◆
Sdsc09982_2
手羽の骨付き鶏肉、いわゆる「チューリップ」です。通常チューリップといえば唐揚げが定番ですが、こちらはチキンカツ。ソースはなく塩がふってありますが、この塩加減が抜群にいい!ジューシーでもういくつでも食べられそう。ビールが欲しくなります。

 

ゼー六 道修町店』 (大阪市中央区)

◆アイスもなか◆
Sdsc09949
昭和初期から製造販売されているアイス。六角形のモナカで挟んであります。ちなみにこちらはバニラですが、あっさりしてちょっとフルーティ?な感じです。

Sdsc09950
小倉もオススメ。

|

« 遠征ごはん(大阪編) | トップページ | 遠征ごはん(大阪編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(大阪編):

« 遠征ごはん(大阪編) | トップページ | 遠征ごはん(大阪編) »