« 『すずき』 | トップページ | あじの一夜干し »

2016Jリーグ2ndステージ第4節 vs大宮アルディージャ

7月17日(日) 埼玉スタジアム2002

Sdsc00365

埼玉ダービーです。

今日の小・中・高生のチケットの値段が550円に下げました。チケットの値段を下げるなんてクラブ史上初めてじゃないでしょうか?おかげで入場者数は53,951人。もちろん子供が多かったです。なり振りかまわずダービーを盛り上げようという意図でしょうか?

[前節の結果]

仙台 0-1 浦和 ○ (ユアテックスタジアム仙台)

得点者:興梠(93分)

鬼門中の鬼門、アウェイ仙台の地で勝利です。アウェイ仙台での勝利は宮城スタジアムでは2003年、ユアテックスタジアムでは実に2000年(当時は仙台スタジアム)以来となります。また勝利することができずに引き分けかと思われたロスタイムに興梠が決勝点。これでリーグ戦5連勝。興梠は5年連続二桁得点となりました。

Sdsc00366

さて、本日のダービーです。1stステージのアウェイ大宮戦は1-0で辛くも勝利しました。元浦和のGK加藤順大は移籍後初の埼玉スタジアムということになります。

Sdsc00367 Sdsc00368

スタメンは前節と全く同じです。オリンピック代表に選ばれた興梠と遠藤はオリンピック前の試合は今日が最後。壮行試合ということになります。

◆37分 柏木 陽介◆
Sdsc00369
相手ゴール正面のFKをカーブを描きながら右隅に決めて先制点。

◆59分 武藤 雄樹◆
Sdsc00370
同点に追いつかれた後、関根のクロスを頭で合わせて再びリード。武藤は11試合ぶりのゴール。

 

△ 浦和 2-2 大宮

2度のリードを守りきれずに結局ドローです。

Sdsc00371

2度リードしたのですが、「勝ちきれなかった」というより「負けなくてよかった」という印象です。正直なところ決定的なシーンは相手の方が多かったと思います。前半決してよくない状態の中FKで先制したのはラッキーでしたが、前半ロスタイムに失点するという大失態。体力的なものだけでなく、集中力も散漫でした。

中3日でこの蒸し暑さ。やはり同じメンバーで戦うというのは無理があります。さらに次節から興梠・遠藤という攻守の要がオリンピックで不在になります。もう少しうまくやりくりしてくれないと次節以降がちょっと不安です。

それにしても観客が5万人以上入るとロクな試合をしないのはどうにかならないものか…。

|

« 『すずき』 | トップページ | あじの一夜干し »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016Jリーグ2ndステージ第4節 vs大宮アルディージャ:

« 『すずき』 | トップページ | あじの一夜干し »