« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 秩父・長瀞観光 »

秩父・長瀞観光

9月19日(月)~20日(火)

Sdsc01210

高さが5mある「和同開珎」の大モニュメント。秩父の地で採掘された自然銅で日本最初の流通貨幣が鋳造されました。

『田舎うどんわたなべ』 (埼玉県秩父市)

◆ビール◆
Sdsc01195 Sdsc01197
ビールはKIRIN一番絞りの「埼玉づくり」。地元です。

◆みそポテト◆
Sdsc01200
秩父地方の名物郷土料理「小昼飯(こぢゅうはん)」。農作業の合間など小腹が空いたときに食べる簡素な料理です。こちらはそのひとつ。じゃがいもを天ぷらにして味噌ダレをかけたもの。揚げたてホクホクのポテトに甘辛い味噌ダレがベストマッチ。止まらなくなります。

◆みそおでん◆
Sdsc01201
こちらは味噌ダレの定番のコンニャクでつくるみそおでん。熱々プリプリでおいしいんですが、6本はちょっと多いかも…(^-^;

◆もつ煮込み◆
Sdsc01202
埼玉のもつ煮です。もつの他に大根や人参、コンニャクなどの野菜と一緒に味噌で煮込みます。比較的あっさり風味です。

◆しゃくし菜漬け◆
Sdsc01196_2
秩父地方のお漬物。しゃくし菜という雪白体菜を古漬けのように漬けたものです。シャキシャキとして野沢菜に似てるかな?

◆たらし焼き◆
Sdsc01198
こちらも秩父の小昼飯。水で溶いた小麦粉を薄く焼いて軽く醤油を塗ったもの。超シンプルなお好み焼きといった感じです。焼いた醤油が香ばしい。シンプルですがお腹にたまります。これぞ小腹の空いたときに最適です。

Sdsc01199
具は少々のネギのみ。お好みで後で醤油をたらしてもOKです。

◆ずりあげうどん◆
Sdsc01204
こちらも代表的な小昼飯。茹でたうどんを自分のお椀にずり上げて生醤油や薬味を絡めていただくうどんです。鍋から直接ずりあげるので熱々です。

Sdsc01205
薬味は刻みネギ、かつおぶし、ゆずの皮の3種類。個人的にはゆず風味がお気に入りです。

Sdsc01206
釜揚げうどんに近い感じですね。

 

『秩父餅七福本舗 水戸屋本店』 (埼玉県秩父市)

◆ちちぶ餅◆
Sdsc01212
創業120年の老舗和菓子店が作る秩父の名物餅です。もち米の皮の中には甘さ控えめの上品なつぶあん。重さはずっしり重いですが、ふわふわ柔らかでもっちもちです。

|

« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 秩父・長瀞観光 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秩父・長瀞観光:

« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 秩父・長瀞観光 »