« 2016Jリーグ2ndステージ第15節 vsアルビレックス新潟 | トップページ | 遠征ごはん(新潟編) »

遠征ごはん(新潟編)

10月21日(金)~23日(日)

Sdsc01695

新潟市古町5番町の「水島新司マンガストリート」。商店街モールにドカベンなどのマンガで有名な水島新司さんのキャラクター銅像が並びます。

鮨・割烹 丸伊』 (新潟市中央区)

◆のどぐろ炙り丼◆
Sdsc01697_2
地元新潟で水揚げされたノドグロの切り身の皮目をさっと炙ったドンブリです。高級魚を惜しげもなく使っています。贅沢です。白身魚だとは思えないほど脂がのりまくってトロトロです。

Sdsc01698
醤油にはワサビ、岩塩にはレモンを絞っていただきます。こってりしたノドグロには岩塩&レモンがピッタリです。

Sdsc01699
南蛮エビの頭でダシをとったお味噌汁。すごくいい出汁がでています。

◆刺身盛り合わせ◆
Sdsc01701
こちらは地元で水揚げされた刺身の盛り合わせ。左から新潟のタイ、ブリ、柳ガレイ、大トロ、南蛮エビ、アオリイカ。見た目でも新鮮なのが分かります。印象的だったのは柳ガレイの刺身。身がしっかりして弾力があります。

◆真だらの白子◆
Sdsc01703
こちらも刺身盛り合わせの一部。別盛りで出された真ダラの白子です。紅葉おろしと一緒にポン酢でいただきます。トロッとして濃厚でクリーミー。絶品!

 

越後長岡小嶋屋 CoCoLo新潟店』 (新潟市中央区)

◆なめこおろしへぎそば◆ Sdsc01691_4
新潟に来るとどうしても食べたくなるへぎそばです。今回もいただきました。布海苔を練りこんだのど越しのいいそばはコシがあります。

Sdsc01693
今回はなめこおろし。ま、薬味と同じくらいの量でしょ?なんて思ってましたが、まさかそばつゆより大きい器で山盛りでくるとは…。分量を気にせずどっさり使えます。これぞ本物のなめこおろしそばですね。これまで食べてきたおろしそばは一体何だったんだろう?と思っちゃいます。

 

『杭州飯店』 (新潟県燕市)

◆中華そば◆
Sdsc01728
新潟は全国屈指のラーメン処でもあります。その中でも有名なのがこの「燕三条系ラーメン」です。特徴はスープ一面に覆われた背脂。でも見た目ほどコッテリはしていません。魚介系の醤油スープとのバランスがとれています。具の刻んだ玉ねぎがいいアクセントになっています。

Sdsc01729
麺はうどん?きしめん?スープに負けないように極太麺が使われています。

◆餃子◆
Sdsc01725
こちらのお店は餃子もオススメです。1個が通常の2倍近くありそうなので2個で十分です。皮はモチモチ。中の餡にはしっかり下味がついています。

 

MIMATSU CAFE 大手店』 (新潟県長岡市)

◆美松のレーメン◆
Sdsc01731
洋菓子店が作る長岡の夏の風物詩です。長岡市民のソウルフードになるのでしょうか?下の麺が見えないくらい具だくさんのレーメンです。サラダはもちろんカニカマ、パイナップルまでのっています。仕上げはマヨネーズ。(個人的には冷麺・冷やし中華にマヨネーズはいらない派なのですが…)

Sdsc01734
下の麺は冷麺には珍しい中太麺です。スープとも合っていて全然ありです。ですが、あまり冷麺って感じはしないですね。「レーメン」という別の料理のような気がします。

 

Paris パイ』 (新潟県長岡市)

◆ミルフィーユ フランボワーズ◆
Sdsc01724
新潟県内でもトップクラスと評判の絶品ミルフィーユです。サクサクのパイ生地に、天然のバニラビーンズを使ったカスタード系のクリームを挟んであります。こちらはプレーンに甘酸っぱいフランボワーズを散らしたもの。注文を受けてからクリームを挟むので生地のサクサク感がしっかり残っています。評判も納得のおいしさ!

|

« 2016Jリーグ2ndステージ第15節 vsアルビレックス新潟 | トップページ | 遠征ごはん(新潟編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(新潟編):

« 2016Jリーグ2ndステージ第15節 vsアルビレックス新潟 | トップページ | 遠征ごはん(新潟編) »