« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 赤めばる煮 »

『吉池食堂』

2月13日(月) 台東区上野

Sdsc02975

御徒町のランドマーク、吉池本店ビルです。

Sdsc02991

ビル最上階に直営のレストラン『吉池食堂』があります。仕切りを設けないひとつの空間で和、洋、寿司の3店を営業していてどのお店のものでも注文可能。なのでいろいろなジャンルのものが同じ場所で一度に食べられます。

◆お酒・お通し◆
Sdsc02977 Sdsc02981
お酒は「オークマイスター樽香る」のハイボール。お通しはかぶと小松菜の冷たいあんかけです。

◆お新香盛り合わせ◆
Sdsc02978
まずはお漬物。きゅうり、ナス、白菜、かぶ、山芋の5種類です。

◆いかそうめん◆
Sdsc02979
お店の食材は創業者の出身地である新潟と自社加工工場のある北海道のものが中心です。こちらは函館のイカそうめん。めんつゆでいただきます。

◆時鮭のポテトフライ◆
Sdsc02987
ポテトサラダをトキサケの身で巻いてフライにしたもの。ポテトサラダとトキサケの塩味が合います。添えてあるタルタルソースもいいですが、普通の中濃ソースがGOOD。

◆津南ポーク鍋◆
Sdsc02982
新潟県のブランド豚・津南ポークの入ったお鍋です。また栃尾名物のジャンボ油揚げもドーンと入って存在感抜群です。野菜もたっぷりで雪国まいたけ?も入っていますね。ちなみにお鍋は一人前からでも注文できます。

Sdsc02985
こちらが出来上がり。ダシはあっさり醤油。上品な味です。津南ポークの肉と脂身のバランスが抜群でメチャクチャ甘い!ものすごくおいしいです。栃尾の油揚げは火傷に注意しましょう。

◆うどん◆
Sdsc02988
追加でお鍋の〆に雑炊かうどんを選べます。うどんを注文しました。生卵と三つ葉がついてきます。

Sdsc02989
うどんを投入して食べる直前に溶き卵と三つ葉をかけて出来上がり。つるっとのど越しのいいうどんです。

|

« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 赤めばる煮 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『吉池食堂』:

« 『アロマズ オブ インディア』 | トップページ | 赤めばる煮 »