« 『高はし』 | トップページ | かつおの刺身 »

2017Jリーグ第6節 vsベガルタ仙台

4月7日(金) 埼玉スタジアム2002

Sdsc03516

来週のACLに備えて金曜日開催です。

約1ヶ月ぶりのホームゲームとなりました。

[これまでの結果]

第3節 (3/10 埼玉スタジアム2002)

○ 浦和 4-1 甲府
得点者:興梠(57分)、武藤(60分)、李(83分)、ラファエルシルバ(90+2分)

前半相手の固い守備の前になかなかチャンスを作れずにいましたが、後半右サイドの関根が立て続けに突破し連続得点。一時1点差に縮められるもすぐにダメ押し点を決めて勝負あり。

 

第4節 (3/19 市立吹田サッカースタジアム)

G大阪 1-1 浦和 △
得点者:ラファエルシルバ(90分+3分)

試合開始から主導権も握りつつもなかなかゴールを決められないイヤな展開。そのイヤな予感が的中し一瞬の隙をつかれて先制を許します。いつもの負けパターンかと思いきやロスタイムにPKを獲得して何とかドローに持ち込みました。ちょっと勿体無い結果でした。

 

第5節 (4/1 ノエビアスタジアム神戸)

神戸 1-3 浦和 ○
得点者:柏木(61分、90分+2分)、遠藤(64分)

開幕から4連勝で首位の神戸と対戦。前半はどちらもチャンスを作れずに凡戦の様相でしたが、後半、柏木を2列目の位置に上げた采配が見事的中。久しぶりにキレキレの10番を見ました。遠藤は移籍後リーグ初得点。

 

第5節終了時点での順位…3勝1分1敗 勝ち点10 得失点+6 4位

Sdsc03517

今日の対戦相手はベガルタ仙台。これまでの対戦成績ですが、ホームでは一度も負けがありません。無敗です。今季、石原がレッズからレンタル移籍をしていますが、契約により今日は出場できません。

Sdsc03518 Sdsc03519

ラファエルシルバが軽傷のため大事をとってメンバーから外れました。興梠・李・武藤のKLMの前線です。

◆20分 興梠 慎三◆
Sdsc03520
右サイド関根の正確なクロスを打点の高いドンピシャヘッドで先制。

◆27分 興梠 慎三◆
Sdsc03521
右サイドのコンビネーションの崩しから最後はまた興梠が決めて追加点。

◆29分 武藤 雄樹◆
Sdsc03523
自らドリブルで中央に切り込んで強烈なミドルシュート。古巣相手にキャノン砲炸裂!

◆45分+2分 興梠 慎三◆
Sdsc03524
前半ロスタイムに得たPKを興梠が決めて4点目。興梠は前半だけでハットトリック達成。

◆47分 李 忠成◆
Sdsc03525
後半開始早々裏に抜け出してGKの股抜きシュート。KLM揃い踏み。

◆65分 オウンゴール◆
Sdsc03526_2
柏木のCKを相手がオウンゴール。

◆90分+2分 柏木 陽介◆
Sdsc03527
最後は左サイド菊池のクロスをヘッドで合わせて7点目。4戦連続ロスタイム弾。

 

○ 浦和 7-0 仙台

7得点はリーグ戦チーム最多得点タイ記録。2005年以来の7-0(対柏レイソル戦)です。

Sdsc03530

ここまで6試合で20得点。1試合平均3.33点。ちょっと驚異的というか、異常な数字です。

ただ今日の試合は7得点できたことよりも完封できたことにホッとしました。リーグ戦6戦目にしてようやく無失点試合です。何点とろうとも最後に失点するとどうしてもモヤモヤが残りますからね。今日も残り5分は失点してもおかしくないシーンがありました。大量得点すると気が緩むのは相変わらず。最後まで集中しましょう。

Sdsc03529

|

« 『高はし』 | トップページ | かつおの刺身 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017Jリーグ第6節 vsベガルタ仙台:

« 『高はし』 | トップページ | かつおの刺身 »