« 『高はし』 | トップページ | 『The Market SE1』 »

『ギリシャ料理 スピローズ』

5月2日(火) 大田区蒲田

Sdsc03828

ギリシャ料理です。

ギリシャ料理は日本では馴染みが少ないですが、イタリア、スペイン、モロッコとともに『地中海の食事』としてユネスコの無形文化遺産に登録された料理です。

SPYRO'S (スピローズ)』

日本でも数少ないギリシャ料理店。蒲田らしい(?)雑居ビルにありますが、店内は蒲田らしからぬ(!)明るく家庭的な雰囲気です。

◆ドリンク◆
Sdsc03794 Sdsc03796
Sdsc03797 Sdsc03805
ドリンク、特にカクテルのネーミングがシャレてます。ギリシャ神話のオリンポス十二神の名前がつけられています。
ポセイドン  …ジンジャーエール+ウーゾ(ギリシャのブドウの皮の蒸留酒)+マリブ
アポロン   …オレンジリキュール+オレンジジュースのWオレンジ
ヘパイストス…ゼロコーラで作るラム・コーク

◆マリネオリーブの盛り合わせ◆
Sdsc03798
ギリシャの特産品のひとつ、オリーブのマリネです。粒コショウと鷹の爪を一緒に漬けてあります。「ギリシャのオリーブは世界一おいしい」と言われているそうですが、それも納得。クセが全くなく上品な味わいのオリーブです。

◆ギリシャサラダ◆
Sdsc03799
フェタチーズとカラマタオリーブをのせたサラダ。鮮やかです。

Sdsc03800
フェタチーズはヤギと羊の乳を使ったギリシャを代表するチーズです。塩気強めでねっとりした食感。ドレッシングは薄味でこのフェタチーズの塩気を上手に生かしています。

◆サガナキ◆
Sdsc03802
お店の看板メニュー、ハルミチーズの鉄板焼きです。ハルミチーズはキプロス島の代表的なチーズ。焼いても溶けないのが特徴です。なのでこうして鉄板焼きにすることもできます。最も印象的なのは「モギュ、モギュ」とした食感!何と言うか…新雪を踏んだときのあの感じ?です。チーズの塩気がgood。

◆カラマリ◆
Sdsc03804
小イカのフライ。食欲をそそるいい香りがします。添えてあるジャジキ(ヨーグルトとキュウリ)をつけてサッパリといただきます。お酒のおつまみに最適。

◆ムサカ◆
Sdsc03806
ギリシャを代表する料理。ナス、ジャガイモ、ミートソース、ベシャメルソースを順々に重ねて層にしオーブンで焼き上げたものです。熱々でいただきます。

Sdsc03810
ナスとミートソースは相性抜群の黄金コンビ。そこにベシャメルソースがいいアクセントになっています。

◆ギロプレート◆
Sdsc03812
焼いた肉を細切りにしてピタパンに挟んでいただきます。ギリシャのファーストフード&国民食だそうです。ちょっとスパイシーな感じですが、見た目ほどの辛さはありません。

Sdsc03820
自分でつくるドネルケバブのようですね。

◆自家製チーズケーキ◆
Sdsc03825
チーズケーキは古代ギリシャで誕生したそうです。こちらの自家製チーズケーキは本格水切りヨーグルトのギリシャヨーグルトを使用。フォークを入れたときはホロホロした感じですが、口にすると結構ねっとり。濃厚な味わいの中にもヨーグルトの爽やかさがあります。

◆ギリシャコーヒー◆
Sdsc03826
コーヒー粉と砂糖を一緒に煮立ててそのままカップに注ぐ独特なコーヒーです。フィルターしないエスプレッソですね。コーヒー粉が沈むまで1分間くらい待ってから静かにいただきます。砂糖入りですが口に残る甘ったるさはありません。食後の一杯でほっと一息。

|

« 『高はし』 | トップページ | 『The Market SE1』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ギリシャ料理 スピローズ』:

« 『高はし』 | トップページ | 『The Market SE1』 »