« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

2017Jリーグ第19節 vsコンサドーレ札幌

7月29日(土) 札幌ドーム

Sdsc04672

5年ぶりの札幌ドーム。5年前は雪の残る3月、今回は真夏の7月。ただどんな状況でもドームの中は快適ですヽ(´▽`)/

[前節の結果]

第22節 (7/22 ヤンマースタジアム長居)

C大阪 4-2 浦和 ●
得点者:ズラタン(18分)、ラファエルシルバ(45分+1分)

スルガ銀行チャンピオンシップ(スル銀カップ)の日程の関係で一足先に行われた試合です。
現在首位のC大阪との対戦でしたが、攻守ともに惨敗です。いつも通りのヒドイ守備がモロに露見。前半だけで4失点は94年以来23年ぶりの失態です。攻撃も相手の組織的な守備の前になす術なし。正直、4-2で済んだのが不思議なくらいです。チームの「否定」と「崩壊」ですね。

今シーズンのホーム開幕戦のときとは立場は完全に逆転しました。
これで首位との勝ち点差は12。優勝は絶望です。ACL出場権獲得も奇跡に近いです。むしろこれからは下(=降格ライン)を見て戦わなければなりません。

Sdsc04673

札幌は現在15位。後半戦残留に向けて元磐田のジェイとタイ代表MFチャナティップが加入しました。

Sdsc04674 Sdsc04675

レッズのスタメンは変動なし。いつものメンバーです。李がケガから復帰して前線はKLMが揃いました。

 

札幌 2-0 浦和 ●

勇敢な選手達と愚かな指揮官。

Sdsc04677

前半で槙野が退場し10人に、ハーフタイムで狂気の3人替え、後半直後に那須が負傷退場で9人に…。残った選手達はホント気持ちの入ったプレーをしてくれました。勝てるとは思っていません。ただ体を張ってDFをし、ただ守るだけでなくチャンスも何度か作った姿に意地とプライドを感じました。。

今日のゲームを壊した戦犯は間違いなく監督です。前半から数的不利になったとはいえ、ハームタイムで3人の交代枠を使い切るなんて正気の沙汰ではありません。1人ずつ状況に応じて交代していれば数的不利であっても勝機は十分ありました。

歴史的“バカ采配”試合を目にしました。

|

« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017Jリーグ第19節 vsコンサドーレ札幌:

« 今週のいただきもの | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »