« 今週のいただきもの | トップページ | ほたて・とり貝の昆布締め »

2017Jリーグ第23節 vsFC東京

8月19日(土) 埼玉スタジアム2002

Sdsc04929

落雷&豪雨の影響で予定より1時間遅れての開始です。

試合開催が危ぶまれるほどの雷雨でしたが、何とか開催されました。

 

[前節の結果]

第21節 (8/9 山梨中銀スタジアム)

甲府 0-1 浦和 ○
得点者:柏木(16分)

堀新体制になって初勝利です。4試合ぶりの勝利、アウェイ戦に限っては5連敗中(!)でしたがこちらも連敗ストップとなりました。守備は徐々に改善の兆しが見えてきています。実に4月の第7節以来の完封勝利です。一方、攻撃力は以前と比べてかなり落ちたような気がしますが、こちらは致し方ありません。チームの立て直しはまずは守備から。同じ1点差勝利でも4-3よりは1-0の方が健全です。ちなみに柏木が決めた決勝点はワールドクラスのゴールでした。

また関根が独2部FCインゴルシュタット04への移籍が決定。この試合がラストゲームとなりました。関根は低迷する状況の中でも攻撃の唯一の核となっていたためチームにとってはかなり痛手ですが、是非ともドイツで活躍して帰ってきてほしいものです。

Sdsc04930

今日の対戦相手はFC東京。上記の4月の第7節はこのFC東京とのアウェイ戦(1-0)でした。今季はFW大久保をはじめ大型補強をしましたが現在9位。ちょっと予想外です。FC東京に対してはここホーム埼玉スタジアムでは2004年以降負けがありません。

Sdsc04931 Sdsc04932

スタメンですが、CSマリティモ(ポルトガル1部)に所属していたDFマウリシオ・アントニオが新たに加入しました。U-17ブラジル代表にも選ばれたCBです。このマウリシオをCBの中央に、右CBに遠藤をスライドさせました。

◆17分 興梠 慎三◆
Sdsc04933
キープの浮き球をダイレクトボレーで決めて先制。

◆30分 興梠 慎三◆
Sdsc04934
同点後、KLMの見事なコンビネーションで再び勝ち越し。興梠は自己最高の15得点目。

 

○ 浦和 2-1 東京

終盤かなり追い詰められましたが逃げ切りです。

Sdsc04935

課題の守備ですが、失点こそしましたが最後まで粘り強く守りきれた印象です。特に新加入のマウリシオは「これぞ助っ人」という活躍ぶり。冷静な読みと判断で相手FWに仕事をさせなかったことはもちろんのこと、テンポのいいパスで何度もカウンター攻撃の起点にもなっていました。この試合のMVPといっても過言ではありません。

守備を無視して攻撃に出るのでもなく、逆にガチガチに守るのでもなく、常に失点のリスクを抑えながら得点を狙っていくという意識が徐々に浸透しつつあります。後半追加点を取れれば文句なしだったのですが、そこは今後一歩ずつクリアしていけばいいと思います。

|

« 今週のいただきもの | トップページ | ほたて・とり貝の昆布締め »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017Jリーグ第23節 vsFC東京:

« 今週のいただきもの | トップページ | ほたて・とり貝の昆布締め »