« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

9月25日(月)~30日(土)

Sdsc00213

タウシュベツ川橋梁。糠平湖にある旧国鉄士幌線のコンクリート製アーチ橋です。季節ごとに上下する水位によって姿を現す「幻の橋」と言われています。湖面に橋が映り込んで描く円形のアーチがとても幻想的。崩壊がひどく今年で見納めかもしれないという噂です。

トスカチーナ』 (北海道帯広市)

北海道を代表するお菓子メーカー『柳月』が経営するカフェレストランです。

◆スモークサーモンと香味野菜のタルターラ◆
Sdsc00238
前菜。みじん切りにしたスモークサーモンを玉ネギ、パプリカ、ケッパーと和えたもの。いわゆる「タルタル」。冷製でサラダ感覚でサッパリした味わい。サーモンの臭みも全くありません。

◆十勝マッシュのボロネーゼ◆
Sdsc00239
メインの十勝産小麦のパスタです。ソースは十勝産の挽き肉、ナス、十勝マッシュのボロネーゼソースで、ニンニクを使用。モッツァレラチーズも入って程よくとろけていますが、その上からさらに削ったチーズをふりかけてあります。

Sdsc00242
十勝マッシュは大きくて味もよく、いい食感です。

◆バゲット◆
Sdsc00244
自家製の香ばしいバケット。ボロネーゼソースをつけていただきます。

◆ほっと三方六◆
Sdsc00247
デザートです。柳月を代表する銘菓といえばバウムクーヘンの「三方六」。三方六は通常はしっとり系ですが、こちらは温めてふわふわにしてあります。その上にはもりもりの生クリーム。さらに冷たいコーヒージェラートを添えて温かい三方六と一緒に楽しめるようになっています。

◆ブレンドコーヒー◆
Sdsc00253_2
オリジナルのブレンドコーヒー。

 

六花亭 帯広本店』 (北海道帯広市)

あの六花亭の総本山です。喫茶室をを併設してて食事やお茶を楽しむことができます。

◆六花の森ヨーグルト◆
Sdsc00258
六花亭はマルセイバターサンドなどのお菓子だけではありません。隠れた名品とされるのがこちらのヨーグルトです。ものすごく滑らかな口当たり。ヨーグルト独特の酸味は全くなく、まろやかで濃厚。まるでスイーツを食べているかのようです。イチゴのジャムを添えてあります。

◆とかち帯広発◆
Sdsc00260
前回、新千歳空港で限定販売のサクサクパイ「新千歳発」をいただきました。こちらは帯広本店限定の「とかち帯広発」。空港のはハスカップチーズクリームでしたが、こちらはラズベリーチーズクリームを生ホワイトチョコレートで包んであります。

 

『MMCオーガニックカフェ』 (北海道千歳市)

◆北海道よつ葉ソフトクリーム◆
Sdsc00278
空港で一息です。新千歳空港はソフトクリームの激戦地。どれを食べるか迷ってしまいます。コーヒーも飲めるこちらで『よつ葉乳業』のソフトクリームにしました。乳製品メーカーらしく牛乳の良さを引き出したソフトクリーム。口の中に甘さが残りません。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »