« 『La Rosetta』 | トップページ | 『洋食KOBAYA』 »

『人形町今半』

12月30日(土) 中央区日本橋

Sdsc00965

明治28年創業。言わずと知れた名店です。

人形町今半

人形町らしい数奇屋造りの風情ある建物で、黒毛和牛を使った鉄板焼ステーキ、すき焼・しゃぶしゃぶをはじめとした日本料理を提供しています。

Sdsc00915

◆お酒◆
Sdsc00916_2
まずはビール。

Sdsc00922 Sdsc00927
山口県の「純米毛利公」と福井県の純米「黒龍いっちょらい」。

◆先付◆
Sdsc00917
軽くオイル焼きした帆立です。

◆前菜◆
Sdsc00919
濃厚なあん肝豆腐、名物の牛肉の佃煮、そして七運盛りの3点。
七運盛りはいんげん、にんじん、きんかん、なんきん、ぎんなん、れんこん、かんてんの7種類の「○ん○ん」で運がつくとされる縁起物です。

◆小吸物◆
Sdsc00921
具にすり身を入れたお吸い物。あんかけにしてトロッとしてあります。

◆組肴◆
Sdsc00923
マグロ、タイ、イカの鮮魚のお造り三点盛りと、ローストビーフの握り寿司の組み合わせ。

◆ステーキ◆
Sdsc00924
網焼きにしたステーキと大きな焼きしいたけ。岩塩でいただきます。

◆すき焼き◆
Sdsc00930
いよいよメインのすき焼きです。この日のお肉は青森県産の霜降り肉でした。お見事。

Sdsc00929_2
豆腐、白滝、人参、聖護院蕪、長ねぎ、生麩、春菊。すき焼きになくてはならない名脇役達です。

Sdsc00935_3
もちろん割り下を使った関東風のすき焼きスタイルです。ちなみに人形町今半伝統の割り下の黄金比は、醤油4:みりん3:砂糖2:水1だそうです。

Sdsc00932_2
まずは定番の生卵をつけていただきます。お肉がとろけます。間違いないです。

Sdsc00937_2
次はすだちを絞っていただきます。すき焼きにすだちを絞るなんて初めての食べ方でしたが、これがものすごくおいしい!すき焼き甘さとすだちの酸味が絶妙。新たな発見です。

◆お食事◆
Sdsc00939
〆のごはんです。一杯目は残った割り下に溶き卵をいれて親子丼風に。

Sdsc00940
二杯目はすき焼きにつけた生卵の残りで卵かけご飯です。

◆デザート◆
Sdsc00943
最後のデザートはプリンとほうじ茶アイス。どちらも甘さ控えめでさっぱりです。

|

« 『La Rosetta』 | トップページ | 『洋食KOBAYA』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『人形町今半』:

« 『La Rosetta』 | トップページ | 『洋食KOBAYA』 »