« 『高はし』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »

『秋葉原漁港 快海』

3月24日(土) 千代田区神田松永町

Sdsc01483

秋葉原の居酒屋さんです。

秋葉原駅近くの昭和通り沿いにあります。築地で仕入れた鮮度のいい魚をそろえる海鮮居酒屋です。

◆お酒・お通し◆
Sdsc01485 Sdsc01486
お酒はハイボール。お通しは生ワカメのしゃぶしゃぶ。いきなりカセットコンロが用意されて「えっ!?」ってなりました。微かにゴマ油の香りがしておいしいです。

◆生さばの刺身◆
Sdsc01488
お店の看板メニューです。生サバのお刺身です。下には溜まり醤油、上に刻みネギとゴマがのっていますのでそのままいただけます。生のサバは久しぶりに食べました。脂があってトロッとした食感は最高です。

◆鮮魚刺身ののっけ盛り◆
Sdsc01492
刺身の盛り合わせです。スルメイカ、マダイ、シマアジ、カンパチ、ウニ、カレイ、イワシ、カツオ、メジマグロ、白姫エビの計10種類。どの切り身も新鮮。分厚くて食べ応えがあるのもウレシイです。コスパ抜群の盛り合わせです。

◆桜マスの炙りカルパッチョ◆
Sdsc01489
軽く炙ってカルパッチョ風にしていただく桜マスの刺身です。桜マスはまさに今が旬。柔らかで脂がのっててトロトロです。

◆アジフライ◆
Sdsc01493
ワサビ醤油でいただくアジフライです。揚げたてサクサク、身はふんわりしています。ご飯が欲しくなります。

◆ホタルイカと春野菜の卵とじ◆
Sdsc01494
こちらも旬のホタルイカを春野菜と一緒に卵でとじた柳川鍋です。ホタルイカからでる出汁がいっそう風味を引き出しています。これはおいしい。

Sdsc01496
ホタルイカはプリプリ。春野菜も甘いです。

◆穴子1本握らない飯◆
Sdsc01497
〆のご飯です。一口大のご飯の上に煮アナゴがドーンとまるまる1本のっています。アナゴはふっくらふわふわ。タレも甘からず辛すぎずでちょうどいい感じです。

|

« 『高はし』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『秋葉原漁港 快海』:

« 『高はし』 | トップページ | 桜ますの塩焼き »