« 『高はし』 | トップページ | 『La Rosetta』 »

2018Jリーグ第25節 vsセレッソ大阪

9月1日(土) 埼玉スタジアム2002

Sdsc02747

雷雨の影響で30分遅れてのキックオフです。

久しぶりの土曜日のホームゲームです。リーグ戦に限っていえば実に4月28日以来の土曜日開催となります。…が、生憎の天気となりました。

[これまでの結果]

第23節(8/19 IAIスタジアム日本平)
清水 3-3 浦和 △
得点者:阿部(11分)、ファブリシオ(61分)、槙野(72分)

リーグ戦では今季初の3失点。三度リードされ三度追いつく点の取り合い、いわゆる「バカ試合」でした。ただ一度もリードすることはありませんでしたので、どちらかと言えば勝ち点1を拾った試合といえます。

第24節(8/26 豊田スタジアム)
名古屋 4-1 浦和 ●
得点者:OG(22分)

名古屋は夏の移籍期間中に選手を大量補強をしてパワーアップ。後半戦は現在絶好調です。7/18にホームで対戦したときとは全くの別チームになっていました。元セレソンのジョーにハットトリックも決められて完敗です。

 

Sdsc02749

今日の対戦相手はセレッソ大阪。昨年までレッズに所属していた高木俊幸が今季加入しています。今日はベンチからのスタート。

Sdsc02748

一方のレッズですが、前節の試合後の記者会見でオリヴェイラ監督がレフリーに対して暴言?を吐いたため2試合のベンチ入り禁止。大槻ヘッドコーチが監督代行として再登場です。

◆12分 李 忠成◆
Sdsc02750
開始早々のファブリシオのアクシデントで交代出場した李が鮮やかなカウンターを決めて先制。

 

● 浦和 1-2 C大阪

結局良かったのは先制点まで。その後逆転を許し連敗です。

Sdsc02751

むしろこの点差の済んだのが不思議なくらいです。相手のミスがなければ2試合連続の大量失点の可能性もありました。

先制の後はまともにシュートを打つこともできなくなりました。中央の前線にボールを入れてはロスト、ロストの繰り返し、サイドはまともなクロスを1本も上げられず、セットプレーの緩いボールは全てクリア…先制点がよかっただけに余計に悪目立ちです。

これでまた残留争いです。まぁ今のチーム戦力からするとJ1中位~下位というのは妥当な位置なのかもしれません。しかも今日の試合で得点源のファブリシオが負傷退場。これからの終盤戦はかなり厳しい状況になりそうです。

|

« 『高はし』 | トップページ | 『La Rosetta』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018Jリーグ第25節 vsセレッソ大阪:

« 『高はし』 | トップページ | 『La Rosetta』 »