« 『La Rosetta』 | トップページ | 2018Jリーグ第28節 vs柏レイソル »

2018Jリーグ第27節 vsヴィッセル神戸

9月23日(日) 埼玉スタジアム2002

Sdsc02845

イニエスタ祭りで満員御礼です。

[前節の結果]

第26節 (9/16 日産スタジアム)
横浜FM 1-2 浦和 ○
得点者:宇賀神(43分)、武藤(79分)

今回も大槻コーチが指揮をとりました。ここで敗退したら一気に残留争いに巻き込まれることになる「大一番」の試合となります。ファブリシオが離脱、興梠がスランプの中で先制後に追いつかれたときは試合内容からしてよくてドローだなと思いましたが、ポロッと武藤が勝ち越しゴールを決めてくれました。ちょっとラッキーな勝ち点3です。

Sdsc02848

今日の対戦相手はヴィッセル神戸。高橋峻希、橋本、那須とかつて浦和に所属していた選手が結構いますね。
神戸は現在8位(レッズは9位)の中位ですが、今年のJリーグの話題を独占しています。その話題の中心がW杯終了後に加入したアンドレス・イニエスタです。クラブではFCバルセルナ、代表ではスペイン代表のレギュラーとしていずれも世界一に輝いた超ウルトラワールドクラスな選手です。これまでも代表クラスの外国人がJリーグにやってきましたが、ちょっと格が違う感じがします。

…が、イニエスタはケガで今日は出場しません!イニエスタ目当てに足を運んだ皆様、ご愁傷様です。

Sdsc02846

一方、レッズもケガ人続出で野戦病院です。トレーニングマッチもままならない状況。スタメンこそいつものメンバーですが、サブには柴戸、茂木ら若いメンバーがベンチ入りしています。神戸ユース出身の岩波は古巣との対戦になります。

◆23分 青木 拓矢◆
Sdsc02849
PA外中央からグラウンダーのミドルシュートで先制。青木は今季シーズンの目標としていた2得点を達成。

◆42分 興梠 慎三◆
Sdsc02851
柏木の縦パスをスライディングしながらダイレクトで合わせて追加点。興梠は8試合ぶりの得点。

◆53分 武藤 雄樹◆
Sdsc02852
相手のロストボールをサイドから蹴りこんで3点目。ここで勝負あり。

◆76分 長澤 和輝◆
Sdsc02853
柏木の折り返しクロスを頭で合わせてダメ押し点。長澤は今季初ゴール。

 

○ 浦和 4-0 神戸

満員御礼の中位争いは完勝に終わりました。

Sdsc02854

今日は特にコメントすることはありません。それくらい攻守にわたって完璧でした。

特に守備面は相手がパスワーク重視の「バルセロナスタイル」であったためかなり守り易かったです。日本では代表や多くのJクラブであのスタイル確立を目指していましたが、悉く失敗に終わっています。正直日本人には無理だと思います。どこかでパスミスかトラップミスしてボールロストしますから。守備はそのミスを待っていればいいだけです。今日はむしろ相手の長身ツートップにクロスを放り込まれてた方が手こずったと思います。

守備の負担が少なかったので攻撃回数も自然と増えていきました。その象徴的なのが今日の4ゴールのうち青木、長澤のダブルボランチに得点が生まれたことだと思います。

今年のJリーグは優勝争いより残留争いが熾烈です。例年と比べて残留ラインが勝ち点にして+10くらいになりそうな感じです。レッズは今日の勝利で勝ち点38。ちょっと安心できるところまできたような気がします。

|

« 『La Rosetta』 | トップページ | 2018Jリーグ第28節 vs柏レイソル »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018Jリーグ第27節 vsヴィッセル神戸:

« 『La Rosetta』 | トップページ | 2018Jリーグ第28節 vs柏レイソル »