« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

9月24日(月)~29日(土)

Sdsc03273

北見市常呂町はカーリングの聖地です。今年の冬の平昌五輪でカーリング競技初のメダルを獲得しましたが、そのLS北見はここ常呂町が地元。その町の中心にあるのが6シートを備えたカーリング専用屋内施設、アドヴィックス常呂カーリングホールです。

Sdsc03276

『レストハウスところ』 (北海道北見市)

◆ホタテの刺身◆
Sdsc03253
サロマ湖はホタテ養殖発祥の地で、現在でもホタテ養殖の盛んな湖です。サロマ湖周辺のお店では大抵ホタテ料理がいただけます。こちらもそのひとつ。まずは王道の刺身から。肉厚でプリッとして甘いです。

◆ホタテフライ◆
Sdsc03255
次はフライです。こちらも定番ですね。生のホタテもいいですが、熱を通した後のホタテのギュッとした食感も捨てがたいです。揚げたてサクサクをタルタルソースでいただきます。

◆ホタテの塩煮◆
Sdsc03263
ホタテをシンプルに塩だけで煮付けたもの。何もつけずにお召し上がりください、とのことでした。微かな塩味のみでホタテ本来の味を味わうことができます。

◆ホタテの佃煮・貝ひものチンジャ◆
Sdsc03258
甘辛く煮付けた佃煮とコリコリとした食感のホタテの貝ひも。どちらもご飯のすすむ2品です。

◆ホタテの味噌汁◆
Sdsc03266
味噌汁の中にもホタテが入っていました。

Sdsc03247
これらが全部入って「帆立づくし定食」です。

 

『カフェしゃべりたい』 (北海道北見市)

◆流氷ソーダ◆
Sdsc03279
オホーツクの流氷をイメージしたソーダフロートです。ブルーハワイソーダの上にドーンとバニラアイスが盛られています。流氷をイメージする場合はソフトクリームよりラクトアイスの方がゴツゴツした感じで合っていますね。

 

『スイーツせぞん』 (北海道北見市)

◆カーリング焼き◆
Sdsc03239
スポンジケーキタイプの焼き菓子です。丸型はカーリングのストーンをイメージしたのでしょうか?生地はオホーツクの小麦粉とハチミツを使って焼き上げています。

Sdsc03241
中にはバタークリームがサンドされています。オホーツク海の塩が効いていて味のアクセントになっています。

◆チーズケーキ◆
Sdsc03246
北海道のクリームチーズを使ったチーズケーキ。フワフワ&ホロホロの食感。口当たり軽い、甘さを抑えたあっさりとしたチーズケーキです。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »