« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 春菊のおひたし »

遠征ごはん(北海道編)

9月24日(月)~29日(土)

Sdsc03091

今年も北海道にやってきました。今年は道東のオホーツク側です。
世界遺産の知床。高架木道の展望台から臨む原生林に囲まれた知床五湖の第一湖と知床連山の大パノラマ…のはずだったのですが、生憎のくもり空。天候がもう少しよければなぁ…。

Sdsc03181

知床観光船から見たカムイワッカの滝。硫黄成分の高い水質で滝つぼの海がエメラルドグリーンに変色しています。

ポラリス』 (北海道斜里町)

◆本日のワイン&お通し◆
Sdsc03202 Sdsc03220
前菜用のスパークリングワインとメイン用の赤ワイン。赤ワインはボルドー産だったかな?

Sdsc03203
お通しはフグの変わり揚げ。表面のナッツがサクサクです。

◆北寄貝のカルパッチョ◆Sdsc03212
リーフサラダを添えた日替わりの魚介のカルパッチョ。この日は知床斜里産のホッキガイでした。バルサミコ、マスタード、マヨネーズの3種類のソースをつけていただきます。

Sdsc03214
ホッキガイは軽くボイルして甘みを引き出しています。身がプリッと締まっていながら柔らかい食感です。

◆イワシのマリネ◆
Sdsc03204
根室産のイワシのマリネ。ハーブで風味をつけたビネガーを使っています。ピンクペッパーがいいアクセントになっています。

◆つぶのブルゴーニュ風バゲット添え◆
Sdsc03208
ガーリックバター煮です。フランスのブルゴーニュならエスカルゴが定番ですが、こちらでは代わりに釧路産のツブ貝を使っています。お店の人気メニューのひとつです。

Sdsc03210
釧路産のツブ貝はブランド食材。一粒が大きいです。弾力があってプリプリの食感です。自家製のハーブガーリックバターとの相性がバッチリ。これはおいしい!!

Sdsc03211
残ったハーブガーリックバターにバケットを浸していただきます。これまたおいしい!!病みつきになりそう。

◆知床もみじ グリル バルサミコソース◆
Sdsc03216
お店の看板メニュー。知床斜里産のエゾ鹿のロースをグリルしたもの。ソースはバルサミコ。サラダもちゃんと添えてあります。

Sdsc03218
エゾ鹿のロースは脂身を落とした芯の部分のみを使っています。柔らかくてジューシー。それでいて全くしつこくないです。これほどおいしい鹿肉は初めて食べました。個人的には牛ヒレステーキ以上のおいしさでした。

◆アフォガード ゴディバリキュール◆
Sdsc03223
ドルチェです。自家製のバニラアイスに「ゴディバ」のチョコレートリキュールをかけたもの。まろやかで上品な香りです。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 春菊のおひたし »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 春菊のおひたし »