« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

9月24日(月)~29日(土)

Sdsc02918

美幌峠から見る屈斜路湖。標高525mから見る日本最大のカルデラ湖は道内屈指の絶景ポイントです。う~ん、こちらも天候が…訪れた翌日は快晴だったんだけどなぁ。

レストラン シェルブルー』 (北海道北見市)

◆オホーツク塩焼きそば◆
Sdsc03012
北見市のご当地グルメです。鉄板の上で熱々のまま提供されます。豚肉は地元のホタテを、キャベツは地元のタマネギをそれぞれ代用してます。温玉とジャガバターも添えてあります。風味づけはこれまた地元のタマネギのスープ。ソースの味ではなく、素材そのものの味が引き出されています。B級グルメと呼ぶのは失礼なほど完成度が高い逸品です。

Sdsc03014_2
フライドオニオンとレモン汁で味の変化を楽しむこともできます。

Sdsc03010 Sdsc03016
このお店はホテルに併設されたレストランでしたのでランチはサラダバーつきでした。

Sdsc03017
さらに食後のコーヒーまで。

 

『喫茶メレンゲ』 (北海道北見市)

◆メレンゲミックス◆
Sdsc03023
お店で自家焙煎したコーヒーです。ブラジル40%、モカ30%、コロンビア30%のオリジナルブレンド。苦味と酸味のバランスがとれていて非常に飲みやすいコーヒーに仕上がっています。飲みやすいコーヒーは気持ちが落ち着きます。

◆黒みつトースト◆
Sdsc03022
黒みつをつけていただくバタートースト。すでに食したことのある方にとっては特別珍しいものではありませんが、個人的にはこのスタイルは今回が初めてです。あまり期待はしていなかったのですが、予想以上のおいしさにビックリ!いわゆるホットケーキ風ですね。ちょっと嵌りそうかも。

◆フルーツサンド◆
Sdsc03025
お店の看板メニューのフルーツサンドです。テイクアウトしました。季節のフルーツを豪快にサンドしてあります。キウイとパイナップルのカットの方向、間違っていませんか?正直、上品には食べられませんが、フルーツの味を存分に楽しめます。なお、ブドウの下にはパンの耳もあるのですが、その耳にはちゃんとジャムが塗ってあります。その辺は妙に繊細です。

 

『美幌峠レストハウス』 (北海道美幌町)

◆熊笹ソフト◆
Sdsc02901
美幌峠名物?の熊笹茶を混ぜ込んだソフトクリーム。微かに香る熊笹の香りと苦味でサッパリとしています。熊笹茶は健康によいものだそうです。

◆熊笹あんぱん◆
Sdsc02904
熊笹茶のメニューをもうひとつ。こちらはあんぱんです。

Sdsc02906
抹茶あんのようにあんこに熊笹茶が練りこんであると思いきや、あんこではなくパンの方にその粉末が練りこんでありました。なのでパンがこの通り緑色。ただ地元のパン屋さんが作っていますので味は保証つきです。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »