« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

9月24日(月)~29日(土)

Sdsc03034

戦前は世界のハッカ市場の約70%を占めていたという北見のハッカ。その歴史的・文化的遺産を後世に伝えるべく寄贈された北見ハッカ記念館です。

Sdsc03032

建物の周りには世界各地の様々なミントが植えられています。

味覚園総本店』 (北海道北見市)

Sdsc03051_2
北見は道内一の「焼き肉の街」です。繁華街には焼肉店が乱立しています。北見駅近くに畜場があったことから使用される肉はホルモン系が多いです。

Sdsc03040
北見の焼き肉の特徴のひとつが北見のタマネギや果物などをベースに作られた「生ダレ」。この生ダレは各店によって違います。

Sdsc03043
ハイボール。

◆熟成上サガリ◆
Sdsc03045
北見焼肉の基本その1。サガリです。いわゆるハラミの部分。赤身と脂身のバランスが一番とれたおいしい部位だと思います。

◆生上ホルモン◆
Sdsc03047
北見焼肉の基本その2。ホルモン(直腸)です。このお店では捌いたホルモンを氷〆にして鮮度を保っています。噛み応えのある食感。

◆サガリスジ◆
Sdsc03050
牛スジです。脂がのっています。こちらは塩で下味をつけているのでタレをつけずにそのままいただきます。おいしい。肉の甘みを感じます。一番のお気に入りかも。

◆熟成ネギタン◆
Sdsc03058
熟成させたタン。細かく刻んでゴマ油をあえたネギがたくさん添えられています。こちらは定番のレモン汁でいただきます。

◆赤白ミックス◆
Sdsc03057
ホルモンのうち白い部位と赤い部位の5種盛りです。ゴメンナサイ、各部位の詳細は失念しました。コリコリしたものやトロッとしたもの様々な食感が楽しめます。

◆北見しお玉焼き◆
Sdsc03048
北見の焼き肉になくてはならない地元のタマネギです。北見はタマネギの生産量日本一。焼くと甘みが増します。

◆キムチ三点盛り◆
Sdsc03049
白菜(キムチ)、大根(カクテキ)、きゅうり(オイキムチ)の三点盛り。

 

…と、調子にのって頼みすぎました。そのため〆のご飯まで辿りつけず。

Sdsc03042
北見らしくようじは「ハッカようじ」。使ったことありますか?スースーします。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »