« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

9月24日(月)~29日(土)

Sdsc02938

オホーツク流氷館。マイナス15℃の部屋の中で実物の流氷が展示されています。ちなみにキツネははく製です。

Sdsc02942_2

氷の妖精・クリオネも展示されています。分かりますか?小さくて水の中をゆらゆらしているので写真は撮りづらいです。

オホーツク産直市場かにや 番外地食堂』 (北海道網走市)

◆オホーツク活毛がに定食◆
Sdsc02924
まるまる一杯の毛ガニを使った活き造りです。迫力ありますね。生簀から生きた毛ガニ取り出してその場で捌いて調理します。胴体部分がまだ動いていました。

Sdsc02926
まずは足の部分を刺身でいただきます。締まった身はトロッとして甘―――い!

Sdsc02927
胴体と残った足は茹でてもらいます。甲羅にはカニみそもたっぷり入っています。ただカニの身を穿るのは悪戦苦闘…元々カニを食べるの下手なのですが、毛ガニは特にチクチクして痛くて難儀しました。おいしいものにたどり着くのは大変です。

Sdsc02930
カニを食べ始めるとご飯と味噌汁を食べるタイミングが難しいです。ただカニみそをご飯にかけたら絶品でした!

◆ジャンボ蟹焼売◆
Sdsc02932
お店特製のカニシュウマイ。1個だけですが、その1個が大きいです。中身はひき肉ではなくちゃんとした蟹のすり身になっていますの本物のカニシュウマイです。最後までカニの風味が味わえます。

 

『レストラン アルカディア』 (北海道網走市)

◆生ウニとイバラ蟹のウニクリームパスタ◆
Sdsc03192
網走産の生ウニとイバラ蟹を使ったパスタです。クリームソースにもウニが使われています。濃厚で贅沢なパスタです。

Sdsc03195
イバラ蟹は網走でイチ押しのカニだそうです。タラバガニの仲間で、タラバガニに引けを取らない味わいです。

◆ミニサラダ◆
Sdsc03194
レストランですからミニサラダも手間をかけて作っています。

 

『カフェ・ド・クリオネ』 (北海道網走市)

◆流氷ソフトクリーム◆
Sdsc02951
オホーツク流氷館内にあるカフェです。網走市内にあるイタリアンジェラートの有名店「リスの森」がプロデュースしたソフトクリーム。オホーツク海の塩を使った塩キャラメル味。青いツブツブは着色した塩です。キャラメルの甘味と苦味がマッチした濃厚な味です。

 

Cafe&Cake 風花』 (北海道網走市)

◆網走プリン◆
Sdsc03284
網走産の牛乳を使ったプリンです。個人的に好みの固さしっかりめのプリンですが、口当たりは滑らか。甘さは控えめで牛乳の味を引き出している感じです。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »