« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

遠征ごはん(北海道編)

11月10日(土)~12日(月)

Sdsc03550

定山渓温泉。札幌の奥座敷として常に多くの観光客で賑わっています。温泉街の中心を流れるのは豊平川。こちらは山の中ですので市街地より気温が低い分、紅葉もすっかり終わった感があります。

ドレモルタオ』 (北海道千歳市)

◆パンケーキ◆
Sdsc03534
小樽に本店を置く北海道を代表するお菓子メーカー『ルタオ』が千歳市内の1600坪の敷地にカフェ併設のスイーツショップをオープンさせました。そのカフェ限定でいただけるパンケーキです。シンプルなプレーンをいただきました。4つのうち1つ目はそのままで、2つ目以降は生クリーム、アイス、はちみつでそれぞれ味に変化をつけていただきます。口に含んでるのか分からないくらい超軽々のフワフワ。見た目ボリュームありそうですが、メレンゲタイプなので小食の方でも全く問題ありません。

Sdsc03533
セットのコーヒーと一緒に。

 

もりもと 本店』 (北海道千歳市)

◆北海道果実のパフェ ハスカップ◆
Sdsc03490
もりもとといえばハスカップを使ったお菓子が有名です。もりもとオリジナルの「牧場の牛乳ソフトクリーム」に甘酸っぱいハスカップソースをかけて、もりもとの代表的銘菓「ハスカップジュエリー」を添えたパフェ。カップの底はパンナコッタが敷いてあります。

◆本店手作りどら焼き◆
Sdsc03485
もりもとは洋菓子だけではありません。和菓子にも力を入れています。本店の厨房で手焼きをした出来たてホカホカのどら焼き。香ばしい生地の皮です。

Sdsc03488
十勝産の小豆を使って自家焚きしたあんこがぎっしり。やさしい甘さです。

◆トータス・シャモニー◆
Sdsc03532
パンも製造販売しています。もりもと元来は元々パン屋として創業したのでこちらが本業かもしれません。生クリームを挟んでチョコがけしたトータスは「カメパン」の名で呼ばれて昭和35年から続くロングセラー。サクサクのフランパン生地の真ん中をくり抜いて生クリームを差し込んだシャモニーも人気商品です。ちなみに写真では分かりづらいですが、両方ともデカいです。シャモニーはソフトボールくらいの大きさがあります。

 

きのとや 新千歳空港ファクトリー店』 (北海道千歳市)

◆新千歳空港限定ブランド◆
Sdsc03482
北海道を代表するお菓子メーカー『きのとや』が新千歳空港限定で販売している3種類のスイーツです。

・北海道アップルパイ…余市産のリンゴとカスタードがぎっしり詰まったアップルパイです。
・焼きたてTHE CAKE…自家ファームの新鮮な卵と北海道産の小麦で作ったフワフワのスポンジケーキ。中に北海道産のバタークリームが入っています。
・札幌農学校プレミアム…きのとやの代表的な銘菓「札幌農学校」に余市産のリンゴとバタークリームを挟んだクッキーサンド。ミルククッキーも北海道産の小麦を使用して通常のものよりもやわらかでしっとり感のあるスペシャルなものになっています。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 遠征ごはん(北海道編) »