« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 『La Rosetta』 »

遠征ごはん(北海道編)

11月10日(土)~12日(月)

Sdsc03618

中島公園。札幌の中心地にあって市民の憩いの場となっています。紅葉のきれいな公園としても知られています。

塩ジンギスカン八仙 大通店』 (札幌市中央区)

◆お酒・お通し◆
Sdsc03551 Sdsc03552
ニッカのハイボール。お通しはラムとホタテ煮物です。

◆塩ジンギスカン◆
Sdsc03554
最近ちょっと話題の?塩ジンギスカンです。札幌でも塩ジンギスカンを出すお店が増えているようです。こちらのお店では最初からお肉に塩ダレで味付けされています。それをそのまま焼いて何もつけずいただきます。羊肉は羊だとは思えないほど柔らかくて、臭みも皆無。肉そのものも上質ですが、この塩ダレが濃すぎず薄すぎず絶妙な加減の味付けになっています。

Sdsc03560
ジンギスカン鍋ではなく網焼きの焼肉スタイルです。塩ジンギスカンの焼き具合はミディアムレアぐらいがベストとのこと。サッパリしているのでいつも以上のジンギスカンの量が食べられました。ホントおいしい!

◆辛味ネギ◆
Sdsc03556
塩ジンギスカンを頼んだらこちらは必須アイテムとなります。唐辛子とゴマ油で和えたピリッと辛い白髪ネギです。こちらを焼いた塩ジンギスカンで巻いていただきます。

Sdsc03561
これは病みつきになります。ちなみにそのまま食べてもお酒のおつまみに最適です。

◆ラムチョップ◆
Sdsc03558
ラムチョップです。こちらは中までよく焼いてジューシーに。お箸を使わず手で骨をつかんで豪快にいただきましょう。骨に近い部位は肉のおいしい部分です。

◆野菜盛り◆
Sdsc03562
野菜盛りです。マイタケ、アスパラ、ミニトマトの三種類。アスパラは長いので一度先の部分だけ焼いて食べて、残りの芯をまた焼いて食べるスタイルです。ミニトマトは焼くと甘みが増すような感じがします。結構気に入りました。

 

味噌らーめん専門店 狼スープ』 (札幌市中央区)

◆味噌卵ラーメン◆
Sdsc03635
「専門店」というだけあって麺メニューは味噌か味噌+卵の2種類のみ。今回は麺+卵にしました。ラードで覆われた濃厚な味噌スープが特徴のすみれ系です。ただそんなにラードな感じはしません。スッキリしています。

Sdsc03636
味噌ラーメンの定番の中太の卵麺。具に茹でたもやしとキャベツ、炒めた玉ねぎが入っています。正統派の味噌ラーメンといった感じですね。

 

どんぐり 新さっぽろ店』 (札幌市厚別区)

◆ちくわパン◆
Sdsc03495
パンにちくわを包んだ、その名の通りちくわパン。札幌市民なら知らない人はいません。ちくわの穴にツナと玉ねぎが詰め込んであります。ちょっとミスマッチな感じがしますが、これが意外なほどマッチしています。

|

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 『La Rosetta』 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠征ごはん(北海道編):

« 遠征ごはん(北海道編) | トップページ | 『La Rosetta』 »